2018年2月16日 (金)

着々と

flair2018.2.15(木)の作業flair

この日の午前は、玉葱の草引きを行いましたpaper

Img_3791

この寒さの中、草は元気に成長中ですcoldsweats01

もちろん玉葱の苗もしっかり根付いてちょっとずつですが大きくなっていますwink

特に極早生は、すでに結球が始まっていますsign01

草引きの合間に里芋の収穫ですpaper

Img_3787_2

青空市販売用として、今シーズン最終収穫です。

Img_3785_2

起耕も行いましたpaper

Img_3789_2

3月に植付け予定のじゃがいもの畝作りです。

午後、金曜日の青空市販売用野菜の収穫paper

シャルムnote

Img_3796_2

リピーターのお客様が多い商品ですhappy01

白菜note

Img_3798_2

葉物が高騰している今、貴重ですsign01

作業場に戻り、掃除。

Img_3797_2

シャルムも白菜も大切な商品です。

丁寧に扱いますconfident

Img_3799

協力農家さんのほうれん草note

Img_3800_3

綺麗に水洗いした後、袋詰めです。

Img_3801_2

始めの頃は戸惑っていた青空市の準備も、メンバー内で役割分担してすっかりスムーズにいくようになりましたsmile

残りの時間は父の日と七夕のメッセージカード作りですpaper

Img_3802_2

切って、貼って、折って

集中して行いました。

草の生命力に感動の1日でしたcoldsweats01

flair2018.2.16(金)の作業flair

この日の午前は、青空市を開催しましたsign01

売り子さんのオススメshine

Img_3803

寒さで甘味が増したシャルムと白菜ですnote

お鍋やポトフにnotes

その他

Img_3805

ねっとり美味しい里芋note

味の濃い協力農家さんのほうれん草note

滋賀県高島市産のコシヒカリnote

以上を販売しましたwink

毎回、金曜日はお客様が少ないのですが、この日は大盛況smile

完・売sign01ですsign03

作業の方は、温室内の草引きをしましたpaper

Img_3808

発芽が遅く心配した人参も本葉が出てきましたshine

まだまだ小さい芽ですbud

間違って抜いてしまわないように慎重に行います。

並行してじゃがいもの植付け予定地の起耕ですpaper

Img_3812

予定を早め、今月中に植付けします。

起耕の後は、耕耘機で溝をつけていきますpaper

Img_3829_2

あてずっぽうにするのではなく、間隔をきちんとメジャーで測り、植付けのシュミレーションをしながら計画的に機械を入れていきます。

操縦はなかなか思うようにはいきませんが、メンバーも今後経験を積んでいけたらいいなと思いますgood

肝心の種芋は、温室内に入れて保管ですpaper

Img_3828

蒸れないように、トレーに並べました。

玉葱の畝の草引きもしましたpaper

Img_3815_3

午後、玉葱の畝の草引きの続きですpaper

Img_3826_2

さて、農園は4月より、6号地・7号地まで広がりますsign01

Img_3819

その準備として、トラクターが入り起耕を行いましたpaper

Img_3824

元々は田んぼで、大変広い土地です。

6号地はキャベツ畑にする計画を立てています。

農地が広がり、春からメンバーも大忙しになりそうですcoldsweats01

その分、やりがいも活躍の場も増えることでしょうconfident

土作りから植付け準備へ。

春先取りな気持ちの今日この頃ですcherryblossom

2018年2月15日 (木)

根気よく

flair2018.2.13(火)の作業flair

この日の午前は、出荷準備と水曜日の青空市の準備ですpaper

2チームに分かれましたrun

契約農家さんの畑へ出荷用の大根を収穫に行くチームと、

1号地へ青空市販売用のサラダ玉葱シャルムを収穫に行くチームです。

Img_3734

その後はそれぞれ合流し、まずは出荷準備ですsign01

大根の洗浄paper

Img_3738_2

冷たい水も手袋でなんのそのsmile

計量・箱詰めpaper

Img_3742

葉付きと葉無しの注文があったので、取り違えのないようにしっかりチェックですsign01

ラベルシールを貼って、出荷準備は完了scissors

次に青空市の準備です。

朝収穫してきたシャルムの掃除と計量・紐くくりpaper

Img_3745

葉はだいぶ黄色くなってきましたが、まだまだ成長中のような気がしますconfident

白菜の掃除paper

Img_3748

店頭に並べられるのも残りわずかとなってきました。

協力農家さんのほうれん草の計量・袋詰めpaper

Img_3727

たーくさん収穫させていただき感謝ですhappy01

残りの時間は、極早生玉葱の草引きをしましたpaper

Img_3749

冷たい風がピューピューと吹く中頑張りましたgood

午後、玉葱の草引きの続きの後、室内作業を行いましたpaper

Img_3780

七夕のメッセージカード作りです。

彦星を折り紙で折っていますwink

メンバー主体で出荷準備から青空市準備と、段取り良くできた1日でしたscissors

flair2018.2.14(水)の作業flair

この日の朝は、草津みちサポーターのボランティア活動を行いましたshine

Img_3781_2

農園の周辺道路を清掃して歩きましたgood

一方で青空市を開催しましたsign01

売り子さんのオススメhappy01

Img_3764

甘くて柔らかサラダ玉葱のシャルムnote

地味にファンの多い大きな里芋note

その他

Img_3766

協力農家さんの甘~いほうれん草note

霜が降りて甘味が増した白菜note

滋賀県高島市産のコシヒカリnote

以上を販売しましたpaper

とにかくほうれん草の売れ行きが良く、次いでシャルムが人気でしたsmile

商品はほぼ完売し、お客様に感謝ですsign01

作業は、室内で七夕のメッセージカード作りを行いましたpaper

Img_3772_2

約1000枚のカード発注があり、織姫と彦星を折り紙で折ることに決定したので、約2000枚の折り紙を折っていく予定ですflair

数字だけ見ると気の遠くなる作業ですが、みんなコツコツ頑張りますwink

午後、温室の管理ですpaper

この日は気温が高めだったので、温室の中は蒸し風呂状態coldsweats02

Img_3778_2

温室のサイドの窓を開けたり、トンネルをめくったり温度調節をしました。

その後、全体に水やり

葱の土寄せ

ゴボウ・いんげんの畝の草引き

大根の追肥

マルチ押さえなどをしましたgood

残りの時間は極早生玉葱の草引きを行いましたpaper

Img_3783

これからの季節、温室の管理が忙しくなりそうな今日この頃ですconfident

2018年2月13日 (火)

手をかけるということ

flair2018.2.8(木)の作業flair

この日の午前は、金曜日の青空市の準備を行いましたsign01

シャルムの収穫paper

Img_3667

朝の寒さで、半冷凍状態でしたcoldsweats01

掃除paper

Img_3679_2

お客様に喜んでいただくために、綺麗にnote

里芋の掃除paper

Img_3669_2

先日収穫したものを、もみ殻に入れて保存しておきました。

白菜の収穫paper

Img_3673_2

甘い霜降り白菜ですwink

作業場に戻り、計量や袋詰めしました。

残りの時間は、母の日のメッセージカード作りをしましたpaper

Img_3683

午後、雪が舞う中での作業ですsnow

人参の収穫跡地のマルチ巻取りpaper

Img_3695

ニンニクの畝の草引きpaper

Img_3696

寒すぎて指先が痛くなりましたbearing

残りの時間は作業場に戻り、金曜日の青空市で販売するほうれん草の計量・袋詰めをしました。

暖かい春が待ち遠しい1日となりましたcherryblossom

flair2018.2.9(金)の作業flair

この日の午前は青空市を開催しましたsign01

売り子さんのオススメshine

Img_3686_2

BIGサイズの親芋と甘いサラダ玉葱のシャルムですnote

その他

Img_3688_2

甘くて柔らかnote協力農家さんのほうれん草sign01

甘味のある霜降り白菜note

滋賀県高島市産のコシヒカリnote

以上を販売しましたhappy01

作業の方は、あまりの寒さに畑の何もかもが凍っていて作業できないため、室内作業です。

母の日と父の日のメッセージカード作りをしましたpaper

Img_3693_2

デザインカードには、母の日と父の日で共通のフレームを使用し、統一感を出しましたwink

午後、温室内のトンネルを開けてあげましたpaper

Img_3697_2

野菜も日光浴ですsun

その後水やり

Img_3698

第一弾の大根のトンネルを外しましたpaper

Img_3700

いつまでもビニールを被せていると蒸れますし、光が足りず、ヒョロヒョロの苗になるからですbud

人参・葱・サニーレタスの畝のトンネルの張り替えも行いましたpaper

Img_3701_2

今まで使用していたビニールはリサイクルのもので表面が泥だらけでした。

そのため、太陽の光が入りにくく、野菜の成長が遅れていましたwobbly

綺麗な新しいビニールにして、成長を促しますgood

極早生玉葱の草引きpaper

Img_3699_2

葉は青々として、だいぶしっかり根付いてきましたsmile

1つ1つの野菜にしっかり手をかけてやることができた午後でしたconfident

準備

flair2018.2.6(火)の作業flair

この日は食育農園研修29週目でしたshine

3名の方が来られましたhappy01

朝一番、温室内の見学をしていただきましたpaper

Img_3592

メンバーが1つ1つ野菜の様子を説明します。

2号地に移動してもみ殻の入った袋を運びますrun

Img_3604

土作りということで、現在空いている土地にトラクターで溝を付けてそこにもみ殻と堆肥を撒こう作戦ですgood

堆肥ももみ殻同様、畑の奥まで運びます。

Img_3607

リレーで効率良くscissors

もみ殻と堆肥を均等に撒きます。

Img_3622_2

堆肥が足りないので1号地へ補充にpaper

Img_3630

スコップの仕事はしんどいですが、研修員さん黙々とこなします。

特に男性研修員さんは堆肥をガツガツ掘ってくれて頼もしかったですwink

休憩時間には、毎週来る研修員さんに向けて、メンバーが滋賀県の観光案内をしていますnote

Img_3597

自分で調べて考えて作った資料を見せながら、滋賀の魅力を語ります。

場所は変わって、協力農家さんの温室内ですpaper

Img_3645

水曜日の青空市販売用にほうれん草の収穫をさせていただきました。

昼前には、出荷の荷物の積み込みをしましたpaper

Img_3643

午後、水曜日の青空市の準備paper

シャルムの収穫と掃除

Img_3657

白菜の収穫

Img_3659

小芋の計量など

Img_3658

これを青空市の朝に一気に準備するのは大変なので、とても助かりましたhappy01

研修員の皆さん、1日お疲れ様でしたsign01

flair2018.2.7(水)の作業flair

この日の午前は青空市を開催しましたsign01

売り子さんのオススメshine

Img_3649_2

お買い得sign01柔らか白菜と味のしっかりした甘~い小松菜ですnote

その他

Img_3650

協力農家さんのほうれん草note

契約農家さんの大根note

葉まで美味しく食べらるシャルムnote

香りが自慢の人参note

ホクホクの里芋note

フレッシュsign01大根の間引き菜note

滋賀県高島市産のコシヒカリnote

以上を販売しましたhappy01

やはり一番人気は葉物のほうれん草shine

お客様の入りも上々でしたsmile

作業の方は、温室内の大根の畝の草引きからスタートsign01

Img_3660_2

温室内の野菜たちに水やりpaper

Img_3661

2号地の空き土地の土作りpaper

Img_3662_2

もみ殻と堆肥をたっぷり撒きましたgood

Img_3663

午後は、堆肥撒きの続きと、堆肥の袋詰めを行いましたpaper

Img_3664_2

土作り。

春に向けてしっかり準備の1日となりましたscissors

2018年2月 7日 (水)

反復

flair2018.2.5(月)の作業flair

この日は温室内にて大根の間引きからスタートですsign01

大根はスッと真っ直ぐに根を張って順調に生育していましたwink

Img_3581

同時に種を蒔いても、やはりトンネル掛けした大根のほうが成長スピードが速かったです。

先週の研修員さんが蒔いてくれた大根が発芽しましたhappy01

Img_3582

生まれたての双葉ですheart04

いんげんも無事発芽していますbud

Img_3580

成長の速そうな勢いのある芽です。

ゴボウの芽bud

Img_3583

メンバーは初めて見たゴボウの芽に感動ですeye

小松菜が順調に大きくなっていますsmile

Img_3578

ほうれん草も負けていませんgood

Img_3579

堆肥を袋詰めしましたpaper

Img_3584

その堆肥を現在空土地の溝に撒きました。
Img_3585

土づくりです。

更に堆肥を袋に詰めて2号地へ運びましたrun

Img_3586

翌日の準備です。

その後作業場に戻り、契約農家さんの畑から収穫してきた大根の葉切りを行いましたpaper

Img_3587

火曜日の出荷の準備です。

洗浄paper

Img_3588

大根を傷つけないようにタワシは使わず、手で優しく洗います。

計量・箱詰めpaper

Img_3554_2

メンバーだけでバッチリ出荷の準備ができましたscissors

出荷準備と並行してほうれん草の掃除も行いましたpaper

Img_3553

協力農家さんの畑から収穫してきたものです。

午後、水曜日の青空市販売野菜の収穫paper

Img_3562_2

露地の小松菜は最終です。

里芋

Img_3577

ギュッと詰まってたくさんの小芋が付いています。

小芋の掃除

Img_3568

小芋を親芋から外して、ひげ根を取ります。

水洗いまでしました。

小松菜も掃除しました。

Img_3574

小さくて大変でしたがお客様のためですshine

根気強く掃除しましたgood

メンバーだけでの出荷作業sign01

自信のついた1日でしたscissors

滋賀県農政水産部研修講演

flair2018.2.1(木)の作業flair

この日の午前は、雨降りのため室内作業を行いましたpaper

子供の日のメッセージカード作りです。

Img_3435_2

これからの農作業とのバランスを取って、折り紙を1種に絞ったので、とても順調に進んでいますhappy01

午後、水曜日の青空市販売用のシャルムの収穫paper

Img_3439_2

掃除

Img_3440_2

小玉ですが甘くて、小さいお子様にも大人気なんですnote

白菜の収穫paper

Img_3441

こちらも小玉ですが、甘くてリピーター多数ですshine

JAカントリーに、もみ殻も取りに行きましたpaper

太いホースのような筒から大量にもみ殻が落ちてくる仕組みです。

Img_3438

土作りには欠かせないもみ殻sign01

年末にはすでに無くなっていたので、今年に入って待望のもみ殻ですscissors

青空市販売用の野菜が少なくなってきて、ちょっと寂しい今日この頃ですthink

flair2018.2.2(金)の作業flair

この日の午前は滋賀県庁で滋賀県農政水産部研修講演が行われました。

障害者雇用事例紹介としてふじっこ青空ファームから指導員1名・従業員メンバー1名が現場の声としてスピーチを行いました。

Img_3656

嘘偽りの無い生の現場の声に聴衆の皆さんは熱心に耳を傾けてくださいました。

メンバーもこのような機会をいただいて、緊張こそしたものの大変良い経験になりました。

農園では青空市を開催しましたpaper

Img_3443

白菜・シャルム・里芋・お米を販売しましたnote

商品が少ないながらも、野菜は完売しましたsign01

作業の方は子供の日のメッセージカード作りですpaper

デザインカードを切ったり

Img_3444

糊付けしたりして

Img_3445

こんなカードのベースが出来上がりましたhappy01

Img_3446_2

菖蒲の花に3色のこいのぼりをデザインしましたnotes

兜の折り紙のバリエーションも豊富で、シンプルながら、とてもまとまりのあるカードが完成しましたshine

Img_3447_2


メンバーもお気に入りのカードですwink

なかなか上出来のカードが出来て、上機嫌のふじっこメンバー達でしたsmile

2018年2月 1日 (木)

メンバーが先生

flair2018.1.30(火)の作業flair

農園の朝sun

Img_3269_2

外の水道に氷の柱が立っていましたsign03

水道からぽたぽたと落ちる水が寒さで瞬間的に凍って蓄積したものです。

そんな強烈な寒さのこの日は、食育農園研修28週目でしたshine

4名の方が来られましたhappy01

温室内で大根の種蒔きですpaper

Img_3276

総太りと三太郎という品種の種を蒔きました。

Img_3390

まずは、前日篩った土を入れて準備しておいたところに、種をのせるお皿を作ります。

Img_3275

親指の腹で優しく、くぼみをつけます。

Img_3279

意識しないと深い穴になってしまい、発芽率が悪くなりますdespair

2粒ずつ種を蒔いていきます。

Img_3283

種もただ置くわけではありませんsign01

1粒ずつ離して置きます。

Img_3294

こうして間引きをしやすくするのですflair

メンバーが研修員さんにしっかりついて、丁寧に教えますwink

種を蒔いたら、上からほんの少しだけ篩った土を被せて、もみ殻をかけます。

Img_3387_2

水やりです。

Img_3392

ここでもメンバーは、種が流れてしまわぬよう、水やりのポイントを伝えますwink

Img_3301

この種蒔きの一連の流れをいかに丁寧にできるかで、その後の作物の出来が大きく左右されます。

研修員さんは、「1つ1つちゃんとやり方が決まっているんだねぇ。」と感心していましたconfident

次にトンネルを掛ける準備ですpaper

Img_3388

竹ヒゴでアーチを作っていきます。

ゲージのパイプを利用して、高さをきっちり揃えます。

Img_3386

日頃この作業をしているメンバーは大活躍ですsign01

研修員さんとペアを組んで着々と進めますgood

それを見ていた研修員さんも、いざ実践sign03

Img_3385

被せたビニールの上から押さえの竹ヒゴを刺していきます。

Img_3391

「意外と力がいるsign01」と研修員さん。

ここまでして、大根の種蒔きは完了ですscissors

その間、温室の外ではメンバーが、玉葱の苗に追肥をやりましたpaper

Img_3389

さて、立派に育つでしょうか?

責任あるドキドキの作業ですcoldsweats02

切りがついたところで、研修員さんには、トラクターの操縦を体験していただきましたsmile

指導員からレクチャーを受けて出発ーrock

Img_3308

真っ直ぐ走るのはけっこう難しいです。

Img_3314

普段運転する自動車との違いにドキドキ

Img_3320

あっという間に体験終了ですcoldsweats01

Img_3330

午前の最後には、サラダ玉葱シャルムの収穫を行いましたpaper

Img_3339

水曜日の青空市販売用です。

「なるべく大きな玉葱を抜いてください」という指導員の言葉を受けて、吟味するのですが.......。

Img_3342

なかなか区別がつきませんsweat02

メンバーに大きさを見分けるポイントを聞いて、えいやっとsign01

「あれ、小さかったかな......?」

まぁ、そんなこともありますcoldsweats01収穫体験楽しんでいただけたでしょうか?

午後、午前収穫したシャルムを販売用に掃除ですpaper

Img_3344

「こういう作業好きかもnote」と研修員さん。

薄皮を剥く地味な作業ですが、このひと手間が、お客様に喜ばれますhappy01

残りの時間は、子供の日のメッセージカード作りをしましたpaper

Img_3351

メンバーのレクチャーを受けて黙々と折り続けます。

おかげで、こんなに色とりどりの華やかな兜がたくさん出来上がりましたshine

Img_3379

研修員の皆さん、1日お疲れ様でしたsign01

flair2018.1.31(水)の作業flair

この日の午前は青空市を開催しましたhappy01

売り子さんのオススメshine

Img_3380

トンネル効果で、少し成長しましたconfident小松菜note

売り切れ御免bearing柔らかなブロッコリーの脇芽note

その他

Img_3384

甘味が強い白菜note

研修員さんが収穫してくれたシャルムnote

ホクホクの里芋note

契約農家さんの美味しい葱note

滋賀県高島市産のコシヒカリnote

以上を販売しましたsign01

作業の方は、温室内の草引きからスタートですpaper

Img_3421

人参と小松菜の畝を中心にしました。

Img_3422_2

温室内が思ったよりも乾燥気味で作物に水が足りていない様子だったので、畦にホースで水を流しましたpaper

Img_3423_2

こうすることで、地面から水を吸い上げて畝全体が湿りますflair

午前残りの時間は午後からの作業の準備をしましたpaper

Img_3424

堆肥を肥料袋にたくさん詰めました。

午後、午前でウォーミングアップは終了sign01

本日のメインイベント、土作りですpaper

午前、袋詰めした堆肥を運搬車で畑の中に運びます。

Img_3425

前日、研修員さんがトラクターでつけてくれた溝に堆肥を撒きます。

Img_3427_2

もちろん、午前詰めた分の堆肥だけでは足りないので、何回も何回も堆肥を袋に詰めて、運んで、撒いてを繰り返しました。

Img_3426

あっという間に体が温まりましたsmile

溝に撒いた堆肥は、またトラクターで起耕することにより、土になじんで元肥になりますflair

さて、この日の午後は農園に近畿農政局の監査が入りました。

Img_3398

農山漁村復興交付金で購入した大型冷蔵庫を見たり

Img_3404

指導員から農園の実情を聞いたりされていました。

Img_3416

2018年1月30日 (火)

一気に

flair2018.1.29(月)の作業flair

この日の午前は温室内での作業ですpaper

翌日に種蒔き予定の大根の畝の土均し。

Img_3357

マルチ掛け

Img_3358

その間、 土を篩っておきます。

Img_3356

篩った土を敷いたマルチの穴に少量ずつ入れていきます。

Img_3360

土がゴロゴロだと土と土の隙間に種が埋もれてしまうからです。

大根の種蒔きの準備はここまでsign01

葱の土寄せ

Img_3359

小松菜の土寄せ

Img_3361

土寄せすることで、根張りが良くなります。

先蒔きの大根の両サイドにカマで溝を付けて、油粕を撒きました。

Img_3368

窒素分の多い有機肥料です。

人参の種蒔きbud

Img_3362

向陽2号という品種を蒔きました。

マルチを掛けて先蒔きの人参との成長の差を見ます。

Img_3363

土も被せず上からはもみ殻のみです。

Img_3364

次に九条太ねぎの種を蒔きましたbud

Img_3365

畝に2筋つけて篩った土を入れます。

Img_3366

種は条蒔きします。

Img_3367

もみ殻を被せました。

Img_3369

サニーレタスの種蒔きbud

Img_3374

コーティングされていない非常に小さな種です。

Img_3375

バラ蒔きし、もみ殻を被せました。

Img_3376

種蒔きしたところ全てにたーっぷりと水をやります。

Img_3370

トンネルの準備です。

Img_3373

竹ヒゴでアーチを作って、ビニールを被せました。

Img_3371

さぁsign01温室内に一気に3種の種を蒔きましたsmile

発芽が楽しみですnote

1号地からの帰りに2号地に寄って、水曜日の青空市販売用の白菜の収穫を行いましたpaper

Img_3372

午後、子供の日のメッセージカード作りに取り掛かりましたpaper

デザインを決めたり、台紙の色を決めたり、みんなで相談し合いました。

折り紙で兜を折ることに決まったので、少しだけ折り始めました。

温室内が様々な野菜でいっぱいになりましたshine

やりっぱなしーgawk

ではなく、きちんと気にかけてお世話してあげないとなぁと思った1日でしたwink

2018年1月26日 (金)

大寒波

flair2018.1.25(木)の作業flair

この日の朝は、伊勢大神楽獅子舞祈祷をしていただきましたsign01

Img_3225

獅子舞踊りを鑑賞後、無病息災・安全を願ってメンバー1人1人獅子舞に頭を噛んでいただきました。

Img_3214

気持ちが引き締まりましたshine

Img_3206

作業の方は1日を通して、ひな祭りのメッセージカード作りを行いましたpaper

Img_3217

折り紙の各パーツが揃い、いよいよ台紙に糊付けですgood

Img_3224

カードには桃の花をデザインし、折り紙の雄雛と雌雛を貼りましたnote

Img_3223_2

金の屏風が良いアクセントですwink

一方では、春分の日のカード作成を開始しましたsign01

Img_3228

昼の時間と夜の時間が同じになることをイメージしたカードですsunmoon3

Img_3229

室内作業の合間には、1号地に出て、玉葱のマルチ直しをしましたpaper

ここのところ風が強かったので、マルチがかなりめくれていましたsweat01

その後は、温室内の大根・小松菜・ほうれん草・人参の畝になたね油の油粕を撒きましたpaper

Img_3220

天然の質の良い肥料です。

ひな祭りのカードも完成の目処が立ってきましたsign01

ラストスパートsign01集中して取り組んだ1日でしたhappy01

flair2018.1.26(金)の作業flair

この日の午前は青空市を開催しましたsign01

売り子さんのオススメは??

Img_3230_2

炊いても豚汁でも美味しいnote里芋sign01

お鍋には欠かせませんsign01白菜note

サラダで美味しいnote甘いシャルムsign01

その他

Img_3232

超お買い得パックsign011㎏入りのじゃがいもnote

契約農家さんの柔らか葱note

甘くてすぐ炊けるnote大カブsign01

滋賀県高島市産のコシヒカリnote

以上を販売しましたshine

本日は寒い中足を運んでくださったお客様に、サービス品としてシャルムの葉をプレゼントさせていただきましたhappy01

シャルムの葉は、葱のようにして美味しく食べることができますnote

作業の方は、ひな祭りのメッセージカード作りと春分の日のメッセージカード作りを並行して行いましたpaper

Img_3234

そしてついにsign03

ひな祭りのカードが全完成しましたshineshine

Img_3237

桃の花のピンク・赤の台紙に金の屏風と女の子の行事らしいカードに仕上がりましたwink

春分の日のカードも完成ですscissors

Img_3248_2

これで、今年度分のメッセージカード作成に切りがつきましたsmile

午前中、一部のメンバーは温室作業に向かいましたrun

温室内の野菜に水をやろうと思ったのですが.........

Img_3242

写真の通り、桶には分厚い氷が......sweat02

川から水を汲み上げようとポンプの準備をするも、ポンプも凍っていて動きませんsweat01

どうにもならないので、水やりは午後に保留wobbly

作業場に戻る途中、2号地の前を通ると

なんとsign01川まで凍っていましたcoldsweats02

午後、ポンプは温室の中に入れておいたので無事動きましたgood

予定通り、温室内の水やりをしますpaper

Img_3240

先週蒔いた、いんげんの芽が少し顔を出しましたbud

温室内の草引きもしましたpaper

Img_3253_2

草1つ無い美しい温室を目指しますgood

最後に、大根の第2弾種蒔き予定地に水を撒きましたpaper

Img_3263

来週の種蒔きに向けて準備です。

flair研修農園・体験農園ニュースflair

現在絶賛整備中の研修農園と体験農園ですが、休憩スペースもちゃーんとあるんですsmile

コンテナの中には冷蔵・冷凍庫があり、電気も付きますscissors

Img_3259

外には屋根のある場所もありますhappy01

Img_3261_2

農作業に疲れたら、お茶を片手に風に吹かれて一休みconfident

なんていうのも素敵ですねshine

2018年1月25日 (木)

体験農園と研修農園

flair2018.1.23(火)の作業flair

この日の午前は、出荷のシャルムの計量・箱詰めからスタートですpaper

Img_3158

良いものを出荷したいsign01

その思いで日々農園作業を頑張るメンバーたちですが、時には事業所の方からご指摘をいただいてしまうこともあります。

発注キロ数より少なかった、野菜の状態が悪かった、虫がついていた等々......

単純なミスの時もあれば、減農薬農法だからこその問題も。

野菜は、とても正直でデリケートです。

私達が野菜の状態を見極めて、しっかり出荷作業に取り組むことが大切と考えます。

これから、農園も3年目に入ります。

より良い品質の野菜作りに力を入れていきたいです。

出荷作業後は、ひな祭りのメッセージカード作りですpaper

デザインカードを台紙に貼って

Img_3159_2

金の屏風をイメージした折り紙を貼り付けます。

Img_3163_3

屏風の上に来るのが、このお雛様ですwink

左が雄雛、右が雌雛と、折り紙を色分けしていますnote

Img_3169_2

このお雛様に顔を描き入れる作業も行いました。

午後も、ひな祭りのメッセージカード作りをしました。

作業だけどただの作業じゃない。

1つ1つの作業が責任のある仕事なんだと感じた1日でした。

flair2018.1.24(水)の作業flair

この日の午前は、青空市を開催しましたsign01

売り子さんのオススメshine

Img_3171_2

小ぶりでも葉物野菜が高騰している今は貴重ですsign01芯まで柔らかい白菜note

サラダがオススメの甘味の強いフレッシュ玉葱のシャルムnote

その他

Img_3172_2

ホクホクねっとりの里芋note

超お買い得パックsign011キロ入りのじゃがいもnote

お漬物で色鮮やかにnote赤かぶsign01

炊いて柔らかnote小かぶsign01

香りが抜群sign01人参note

柔らかくて甘いnote契約農家さんの青葱sign01

滋賀県高島市産のコシヒカリnote

以上を販売しましたhappy01

この日は風もあって猛烈な寒さ。

足を運んでくださったお客様には感謝・感謝ですshine

作業の方は、ひな祭りのメッセージカード作りをしましたpaper

Img_3175_2

不安定な天候が回復したら来週からはまた畑仕事に出るので、カードは今週が追い込みですsign01

漢字カードに貼るお雛様には顔が入りましたwink

Img_3179

愛嬌のある顔に仕上がりましたnotes

ひらがなカードに貼るお雛様は、ただいま絶賛折り折り中ですsign01

Img_3181_2

左が雄雛、右が雌雛。

コントラストがハッキリとしていて、また華やかですhappy01

ここでsign01

農園からのお知らせですsign03

現在、1号地・2号地・3号地とある食育農園ですが、

4月より、5号地として体験農園・研修農園がオープンしますshineshine

Img_3183

現在、体験農園と研修農園は区画整備の真っ最中で、区画ごとに溝をつけたり、倉庫の設置をしたりと、環境の整備も行っています。

区画割の図面です。

Img_3192

1~16までの体験農園は1区画4メートル×5メートルです。

富士産業株式会社の従業員が対象で1区画1ヶ月1000円で農園作業を体験していただくことができます。

①~⑩までの研修農園は、ふじっこ青空ファームに研修に来ていただいた方々を対象に、植付けや収穫体験をしていただくというものです。

Img_3188_2

区画ごとに事業部のエリアが分かれています。

体験農園の受付が2月から始まりますので、皆さんのご応募をお待ちしておりますshine

このブログでも日々の農園作業を紹介していますが、野菜作りは決して簡単なものでも楽なものでもありません。

しかし、太陽の光を感じながら土に触れるということは、大変気持ちの良いものですsun

癒しの効果、そして野菜の成長過程を見守るワクワク感・楽しさ、収穫の喜び、自ら作った野菜を調理し、食す満足感sign01

野菜作りには、たくさんのプラス要素が詰まっていますhappy01

毎日のお仕事でお疲れの皆さん、この機会に1つの趣味として畑をしてみませんか?

専任のスタッフもおりますので、安心ですconfident

今後も研修農園と体験農園の様子は定期的にUP予定ですpaper

«ミス