2018年12月11日 (火)

ひと仕事ふた仕事

2018/12/3(月)の作業cloud/rain

出荷作業flair

シャルムと白菜の出荷作業ですpaper

Img_9668_2

合わせて150キロsign01

シャルムチームと白菜チームに分かれて計量し、シャルムチームは切りのいいところで不足分の白菜の収穫に畑へrun

連携の取れた作業ができましたgood

ユニフォームの袋のシール貼りflair

Img_9669_2_2

500枚を一気に貼り切りましたscissors

メッセージカードflair

節分のカードに取り掛かっていますhappy01

Img_9670

発注枚数はなんと約1000枚sign03

台紙とデザインカードのカット作業が追われますsweat01

2018/12/4(火)の作業cloud/rain

この日は食育農園研修でしたshine

3名の方が来られましたhappy01

大根の間引きflair

温室内の大根がだいぶ成長しましたwink

Img_9539

種は2粒蒔いているので、大きくて元気そうな方を残して間引きますpaper

同じくらいに元気に育っている大根は悩みどころですcoldsweats01

ちょっともったいない気もしますが、間引き菜はちゃんと青空市で販売しますnote

施肥flair

間引きの後は、肥料をやりますpaper

Img_9548_3

これでまたグッと大きく成長することでしょうshine

シャルム収穫flair

次回出荷に向けて50キロの収穫ですsign01

Img_9565

どれくらいの大きさから採って良いのかちょっとためらいながらも、楽しそうな様子の研修員さんhappy01

掃除flair

収穫後は、葉と根を落とし、薄皮を剥いて綺麗に掃除ですpaper
Img_9575_2

ドンと構えて作業する姿と手際の良さは、まるで専業の玉葱農家さんのようですsmile

堆肥撒きflair

来年採りの玉葱の畝に堆肥を撒きましたpaper

Img_9589

養分がたっぷり行き渡る他、マルチの穴を塞いで草除けにもなりますsign01

玉葱収穫後、起耕すれば元肥としての役割も果たしますgood

メッセージカード作りflair

Img_9597

ひたすらに、節分の鬼さんを折っていただきましたsweat01

「これけっこう肩凝るね」と丁寧な仕事ぶりの研修員さんconfident

完成した鬼はとても綺麗な仕上がりでしたshine

研修員の皆さん、1日お疲れ様でしたsign01

2018/12/5(水)の作業cloud

ビニールめくりflair

6号地の大根がついにsign01発芽しましたshine

通常3日ほどで発芽するのですが、寒さのせいかなかなか発芽せず、ヤキモキしていましたdespair

Img_9601

朝一、大根の様子を見に行ったメンバーは思わず「出たーーーーsign03」と、喜びの一声happy01

早速、上に被せていたビニールとネットを外しましたpaper

トンネルflair

これからの季節、露地で大根を育てるならトンネルが必要です。

Img_9671_2

竹ヒゴでアーチを作り

ビニールを被せ
Img_9609

更に竹ヒゴで固定する。

要するに、温室のミニ版ですpaper

Img_9672_3

温度管理などしっかりしないと、上手に育ちませんwobbly

手間は掛かりますが、この時期避けては通れない作業ですsign01

ネット張りflair

グリーンピースの支柱が立ったので、ネットを張っていきますpaper

Img_9617

これがなかなかやっかいな作業で、農園ではビッグイベントの1つですsign03

絡まないように、ねじれないように、ネットを慎重にラインに通し、上下左右のバランスを見ながらピシッと綺麗に張らなくてはいけませんbearing

それだけでなく、メンバーの苦手な紐でくくる作業も盛り込まれているので、さぁ大変sweat01

声掛け合って、必死で頑張りましたrock

堆肥撒きflair

火曜日の続きですpaper

Img_9612

玉葱の畝に均等に堆肥を撒いていきました。

2018/12/6(木)の作業cloud/rain

堆肥撒きflair

玉葱の畝の堆肥作戦がどうやら効果を発揮しそうなので、同じことをニンニクにもwink

Img_9623

草を引きながら進めましたgood

メッセージカードflair

節分の鬼がほぼ完成ですshine

Img_9674_2

雨の間に、集中して作業しましたrock

2018/12/7(金)の作業cloud

3日掛かりの大仕事がついにsign01この日フィニッシュですshine

水曜日からコツコツ始めたグリーンピースのネット張りpaper

Img_9678_3

今年は比較的スムーズにsign02

これで無事、グリーンピースもツルを伸ばせますhappy01

畔には堆肥をたっぷり撒きましたgood

Img_9680

大根のトンネルに、グリーンピースのネット張りpaper

BIGsign01な作業をキチッとやりきって、天候は冴えなくても気持ち晴れ晴れな1週間でしたscissors

2018年12月 3日 (月)

毎年恒例

2018/11/26(月)の作業sun

収穫Dayshine

シャルムflair

葉まで美味しく食べられる冬取りの玉葱ですnote

甘味が強く、サラダがオススメですsign01

葉は、煮炊き物に使えます。

Img_9319

去年は小玉が多く、少し残念な出来だったシャルムdespair

今年は葉に青々と勢いがあり、実も大きいものが多いですsmile

白菜flair

毎年チャレンジするも、なかなか上手くいかない白菜sweat01

今年はしっかり巻いて、ずっしり重さもありますsign01

Img_9314_2

ところが、農薬をほとんど使用していないため虫の被害が大きく、せっかくの大玉も出荷用に綺麗な部分まで葉を剥いていってしまうと、ほとんど実が残らない状態にsad

減農薬農法の難しいところです。

代わりに、味は水々しく、甘さもあって美味しいですnote

温室内大根の畝の草引きflair

大根は本葉が出てきて、順調に成長中ですscissors


Img_9451

しかし、温室内に侵入してくるバッタが葉っぱの一部を食べてしまい、これからの生育に影響がでないか心配ですthink

花が咲いたflair

じゃがいもの花が咲きましたnote

Img_9350_2

植付け時期が天候の都合で伸びたので、花も例年より遅めです。

収穫は12月になるでしょうpaper

2018/11/27(火)の作業sun

この日は食育農園研修でしたshine

4名の方が来られましたhappy01

この日の作業は盛りだくさんですrock

①空豆とグリーンピースの畝に支柱立てflair

去年竹やぶから取ってきた竹を使用します。

ナタで先を尖らせて

Img_9340_3

初めてトライした研修員さんsign01すぐにコツをマスターしてなかなかの腕前でしたgood

竹を運びます

Img_9328

縦に長い畝です、

運搬役の研修員さんには畑を何度も往復していただきましたrun

バールで地面に穴を開けて、竹を刺す

Img_9321_3

ぐぐぅ~っと、全体重をかけて竹をねじるように押し込みますsign01

腕よりも意外と腹筋に負荷がかかりますsweat01

研修員さん、次の日筋肉痛にならなければ良いのですがcoldsweats01

②6号地のキャベツに追肥flair

しゃがんだり立ったりの姿勢がけっこうしんどかったようですsweat02

Img_9360_2

それでも中には、勢いがついて「楽しくなってきたかもsign03」と言う研修員さんもいましたcoldsweats01

③トラクター起耕体験flair

研修員の皆さん全員に、トラクターに乗っていただきましたshine

皆さん呑み込みが早く、きっちり真っ直ぐな起耕ぶりgood


Img_9368

中でも1人の研修員さんは、畝立てまで行う見事な腕前sign03

研修と言わず、農園にスカウトしたいくらいですねwink

④白菜の収穫flair

前日収穫分が出荷キロ数に少し足りていなかったので、追加収穫ですsign01

やはり収穫は楽しさと喜びがありますhappy01

Img_9387

虫食いに少し残念な思いもしましたが、自らの手で採った野菜には愛着が湧くものですconfident

⑤ブロッコリーの後処理flair

ブロッコリーの収穫時期が終わりました。

根は硬く起耕しても残るので、抜き取って処分します。

Img_9392

ひたすら抜く・抜く・抜くsign01

無心になれた作業かもしれませんcoldsweats01

⑥石灰撒きflair

2号地全面に石灰を撒きましたpaper

来年はここに黒枝豆を植付ける予定なので土作りですgood

Img_9436

粉が舞うので、風向きを考えながら撒かなければいけないのですが、そのバランスがなかなか難しいsweat01

服を真っ白にしながら頑張っていただきましたrock

⑦玉葱の草引きflair

「こういう地道な作業が一番大変だと思う」と研修員さんconfident

さすがですsign01おっしゃる通りsign03

農業というと植付けや収穫のイメージが強いですが、このような中間の作業こそがとても大切なのですgood

Img_9442

⑧メッセージカード作りflair

最後にちょっぴり折り紙体験をしていただきましたwink

Img_9448

節分の鬼ですpaper

皆さん真剣な表情でメンバーのレクチャーを受けていましたeye

研修員の皆さん、1日お疲れ様でしたsign01

2018/11/28(水)の作業sun/cloud

温室内畝立てflair

石灰と肥料を撒いて再起耕しましたpaper

Img_9481

その後はレーキで均して、保湿のためビニールを被せましたgood

温室内草引きflair

この前草引きしたばかりなのに、もう新しい草がsweat02

Img_9482

温室内はぬくぬくと暖かいためでしょうかcoldsweats01

一方研修員さんたちは別メニューですsign01

3号地のいちぢくに酵素肥料をやりましたpaper

Img_9459_2

これがなかなかの香りがしますcoldsweats01

その後たっぷりと水やりpaper

Img_9463

肥料の吸収を促しますgood

続いて5号地を起耕し、植付け作業ですsign01

研修員さんたちは、これを「プロジェクトX」と呼んでいましたsmile

耕耘機での畝立ても研修員さんが行い、土均し・板踏みですpaper

Img_9476

菜の花の植付けpaper

Img_9470

マルチを張ってキャベツの種蒔きpaper

Img_9477

たった半日で、植付け作業を1から体験していただきましたhappy01

プロジェクトXsign03今後の5号地の様子に注目ですeye

2018/11/29(木)の作業sun

この日は大根の種蒔きをすることにしましたhappy01

畝立て後、レーキで土均しpaper

Img_9487

堆肥が入ったおかげか、比較的ふわふわの良いコンディションの土ですgood

板踏みpaper

Img_9492

畝の端が丸くならないように気をつけますcoldsweats02

マルチ掛けpaper

Img_9494

今回は3穴マルチでトライすることにsign01

種蒔きpaper

Img_9495_2

缶の底でくぼみをつけてそこに種を落とします。

培養土ともみ殻を掛けて、不織布→ネット→ビニールの順で被せていきます。

Img_9496_2

ビニールを被せる前には、たっぷり散水しましたsign01

不織布やネットを被せていないと、水をやった時に種が浮いてしまって発芽しませんbearing

ビニールは保温・保湿のためですconfident

2018/11/30(金)の作業cloud

竹取物語flair

毎年この時期恒例の竹取りですsign01

細くて長くて真っ直ぐな竹をチョイスしますgood

グリーンピースの畝に立てた支柱にクロスさせるように取り付けます。

Img_9502

藪の中なので、足元には要注意coldsweats02

切り出した竹は枝を落とします。

Img_9500_3

運び出しも、5メートルほどの長さがあるので大変ですsweat01

Img_9505_2

畑に戻って、紐でくくっていく作業paper

Img_9514

竹が上下しないように、ガチっとくくるにはコツがいりますsign01

2畝分終わったころには、指先が痛いのなんのbearing

みんなで分担して、とっても綺麗な格子の支柱ができましたshine

Img_9526_2

例年よりも成長の速い空豆とグリーンピースsign01

気になっていた支柱立て&ライン張りの準備ができてホッと一安心な1週間でしたconfident

2018年11月27日 (火)

じっくりコツコツ黙々と

2018/11/19(月)の作業rain/cloud

メッセージカード作りflair

お正月のカード作りの真っ最中sign01

Img_9143_2

折り紙で折ったイノシシをぺたぺた貼りますnote

絵馬の中にイノシシsign01

Img_9140_2

メンバーお気に入りのデザインですshine

マルチ剥がしflair

3号地の端に草よけで敷いていたマルチを剥がしますpaper


Img_9144_2

その後トラクターで溝をつけました。

温室内草引きflair

草は小さなうちからコツコツとsign01

Img_9146_2

外は空気が冷たかったですが、温室内は風が無いので快適ですconfident

2018/11/20(火)の作業sun

石灰撒きflair

3号地、土作りですpaper

Img_9153_2

石灰をたっぷり撒きましたsign01

来春、里芋を植付ける予定ですhappy01

堆肥撒きflair

6号地、土作りですpaper

6号地は現在、空畝が立っています。

空畝とは、すぐに何も植付ける予定が無いのに畝を立てておくことです。

こうしておいて、実際作物を植付ける間際に起耕すると、土が固くなくサラサラの良い状態になるそうですwink

Img_9162_2

その空畝の畦に堆肥を撒きました。

次に起耕して、作物を植付けるときの元肥になりますgood

中耕flair

空豆の畝の横の畦を中耕しましたpaper

中耕とは作物の生育中に軽く耕すことで、草よけと作物の生育を促す作用があります。

Img_9165_2

メンバーはすっかり耕耘機の使い方をマスターして、見事な仕上がりでしたscissors

人参洗浄flair

契約農家さんの人参を出荷に向けて洗浄ですpaper

Img_9170

季節柄、水が冷たく感じますbearing

とっても綺麗な人参で、農園でもこんな立派な人参が作りたいなと思いましたhappy01

お米袋のシール貼りflair

ミスの無いよう慎重にconfident

Img_9172_2

メンバーは毎回、自己ベスト更新中ですsign03

2018/11/21(水)の作業sun

玉葱の草引きflair

全部で20畝近くある玉葱畑eye

Img_9176_2

毎年この時期はコツコツ草引きが恒例ですwink

もうちゃんとこんなに草が生えていますsweat01

Img_9175

マルチの穴の隙間から、ひょっこり伸びてくる草たち。

容赦なく抜き取りますpunch

発芽flair

温室の温度管理と水やりは毎日の日課ですsign01

そのとき必ず、作物の生育状況も確認しますeye

Img_9159

小松菜・ほうれん草・春菊・日野菜・スナックえんどうが無事発芽しましたshine

Img_9156

写真は、上段・小松菜、下段・ほうれん草note

同じ葉物でも、こんなに形状が違います。

2018/11/22(木)の作業cloud

室内作業がだいぶ追われていたので、1日集中ですrock

Img_9182_2

お米袋のシール貼りと、メッセージカード作りを並行して行いますpaper

七草粥のカードshine

Img_9187

デザインカードと台紙のコントラストが良い感じですnote

同時にお正月のカードも仕上がりましたscissors

お米袋のシール貼り第二弾sign01

紙の袋に無洗米のシールを貼っていますpaper

Img_9184_2

これは、青空市で販売しているお米が入る袋ですgood

Img_9183_2

滋賀県高島市産のコシヒカリで環境こだわり米ですdelicious

今の時期は新米ですshine

じっくり土作りに、コツコツ草引きと、黙々室内作業

バタバタせずに落ち着いて作業できた1週間でしたconfident

2018年11月19日 (月)

シーズン

2018/11/12(月)の作業sun/rain

温室内で大根の種蒔きflair

それsign01大根の種蒔きだぁーrockとなれば、半日もかかっていたのはもう過去の話。

Img_9038

メンバーでしっかり役割を決めて、流れるように種蒔き完了scissors

冬採り玉葱シャルムの草引きflair

植付けた直後、台風でマルチが飛ばされてしまったため、草が生え放題ですsweat01

Img_9040_3

玉を傷つけないように、丁寧な作業ですconfident

現在のシャルムの様子flair

去年に比べ、全体に大きく成長していますwink

Img_9041_2_2

今月下旬には採り頃を迎えそうですnote

青空市に並ぶ日も近いshine

黒枝豆最終収穫flair

今年も青空市のお客様に大人気だった黒枝豆shine

Img_9045

3号地いっぱいに広がっていた黒枝豆畑もこの日で見納めですconfident

また来シーズンのお楽しみnote

2018/11/13(火)の作業sun

大根発芽flair

先蒔きの大根の芽が出ましたbud

Img_9048_2

農作物の中でも比較的育てやすい大根。

発芽率も抜群ですgood

温室外側の整備flair

温室の側面下の隙間から冷気が入ってくるのを防ぐため、土でガードしましたpaper

Img_9049_2

いくら温室とはいえ、朝晩は冷えます。

これで多少マシになると良いのですがcoldsweats01

グリーンピースに支柱立てflair

グリーンピースは成長してツルが伸びてきたら、支柱を立ててラインとネットを張りますpaper

Img_9051

手始めに基点となる支柱を立てましたgood

生姜flair

農園初チャレンジの生姜shine

一時期は草に埋もれてしまって、腐ったのではないかと諦めていましたが、なんとsign01無事でしたsmile

Img_9057_5

香りがとても良いですnote

2018/11/14(水)の作業sun/cloud

草津みちサポーターflair

久しぶりのボランティア活動ですgood

Img_9064_3

ふじっこメンバー始め、京都事業部の社員も参加しての清掃活動ですsign01

さつまいもの最終処理flair

干し場にあったさつまいもを回収して、出荷するため洗浄や選別しましたpaper

Img_9059_2

今年は、紫芋の栽培にチャレンジして、青空市のお客様にも喜んでいただきましたhappy01

じゃがいも施肥flair

早いもので、じゃがいもに花の蕾が付きましたnote
Img_9066_3

このタイミングで2度目の追肥ですpaper

大きくなぁれwink

2018/11/15(木)の作業sun

じゃがいもの草引きflair

じゃがいもの成長を妨げる大きな草はノックアウトsign03

Img_9080

天気も良くて作業も捗りましたwink

葱の種蒔きflair

温室内に葱の種蒔きですpaper

Img_9082

苗が育ったら、植え替えてやる予定ですgood

マルチ巻きflair

キャベツ収穫後のマルチを巻き取りましたpaper

Img_9088

ローングなマルチが4本sign01

根気よく巻き取りましたgood

早生玉葱の草引きflair

やっと苗の植付けが終わったーsweat01と思ったら、もう草がsweat02

Img_9091_2

小さな草をプチプチ抜きましたwink

2018/11/16(金)の作業sun

白菜flair

ついに登場sign03

今シーズン初sign01農園白菜shine

超BIGsign034.5㎏もありましたeye

Img_9095_3

早速、青空市で販売ですnote

6号地起耕flair

6号地は春先にじゃが芋畑にする予定ですpaper

Img_9096

耕耘機で起耕して、溝に堆肥を入れて土作りですgood

玉葱草引きflair

この日も小さな草をプチプチとcoldsweats01

Img_9097_2

これから草との追いかけっこが続きますsweat01

シーズンが終わる物、始まる物、季節の移り変わりを感じる1週間でしたmaple

2018年11月13日 (火)

充実の

2018/11/5(月)の作業sun

玉葱苗の植付けラストスパートrock

と、いうわけで晩生の苗を植付ける準備ですpaper

Img_8993

総力戦sign03

Img_8908_2

みんなで1日かけて8000本植え切りましたsmile

と、言いたいところですが、この日は4束だけ残して時間となりましたcoldsweats01

6号地では、グリーンピースが発芽しましたshine

Img_8964

空豆もnote

Img_8965_2

研修員さんたちが蒔いてくれた種ですwink

これからの成長が楽しみですhappy01

2018/11/6(火)の作業rain/sun

この日は食育農園研修でしたshine

3名の方が来られましたhappy01

さぁ畑仕事するぞぉrock

の気合も虚しく朝から雨wobbly

午前中は畑は諦めてメッセージカード作りをしましたpaper

Img_8924_2

ふじっこメンバーが先生になって、折り紙で来年の干支、イノシシを折ったり、お正月のデザインカードを貼ったりしましたwink

皆さんとても真剣に取り組んでくださって、時間が経つのもあっという間でしたconfident

天候回復sun

というわけで、午後からは畑でフル活動していただきましたsign01

まずは前日植付けることができなかった、玉葱苗の残りの植付けからpaper

「こういう作業好きかもnote」と、研修員さんhappy01

Img_8928_2

でも前日メンバーが1日がかりで植付けていたことを聞くと、とても驚いていましたeye

にんにくの畝の草引きflair

Img_8934

植付けや収穫だけが農作業ではありません。

草引きなど、植付けた作物を管理することも大切なお仕事ですgood

6号地にて、キャベツ植付けのためのマルチ掛けflair

Img_8944_3

男性研修員さんはもちろんパワフルですが、女性研修員さんも負けていませんsign01

いつも作業している指導員のスピードについて、初めてとは思えない上手なスキ使いですshine

キャベツの苗を1トレーだけお試し植付けflair

Img_8956

自分の手で植付けた野菜は、収穫時期が楽しみになりますnote

研修員さんが優しく植付けてくれた苗たち、ふじっこメンバーがしっかりお世話していきますgood

この日最後は、黒枝豆の収穫と掃除sign01

Img_8960_2

室内作業から、植付け、収穫と様々な体験をしていただきましたhappy01

研修員の皆さん、1日お疲れ様でしたsign01

2018/11/7(水)の作業sun

キャベツの植付けflair

前日、研修員さんたちが頑張ってマルチ掛けしてくれたのでスタートダッシュですsign03

穴開け君でマルチに40センチ間隔の穴を開けますpaper

Img_8994

あとはメンバーも慣れたものですsmile

Img_8995

優しく丁寧にconfident

順調に植付け作業は進みましたscissors

にんにくの畝の草引きflair

Img_8996

前日の続きですpaper

顔を近づけると、葉からはちゃんとにんにくの香りがnote

元気に育っていますwink

2018/11/8(木)の作業sun

温室内作業flair

畝を土均しして、板踏みして、培養土を表面に撒きますpaper

Img_8972

パイプで溝をつけますpaper

Img_8977_2

真っ直ぐするのが難しいsweat01

種蒔きpaper

Img_8979

ほうれん草・小松菜・春菊・ひのなカブ・スナックえんどうの種を蒔きましたhappy01

最後は保湿のため、不織布を掛けて水やりしましたgood

Img_8983_2

青空市で販売する野菜が潤おってくるのが楽しみですnote

堆肥撒きflair

にんにくや白菜の畦に堆肥を撒きましたpaper

Img_8987_2

1号地も広いので、けっこうパワーいりましたsweat01

大きくなぁれhappy01

温室内起耕flair

大根の種蒔き用の畝を立てましたpaper

Img_8989_2

メンバーもすっかり耕耘機を使いこなして、カッコイイですshine

2018/11/9(金)の作業rain

雨降りでも温室があれば作業ができるgood

大根の種蒔きですsign01

マルチをペグで固定しますpaper

Img_8999

何でも活用しますsmile by農園good

Img_9001_2

小さな空き缶を使って、種を蒔くためのくぼみをつけましたwink

2粒ずつ種を蒔いて、土を掛け、散水しましたpaper

Img_9002

食育農園研修に、植付けや、種蒔き、現在育っている野菜の管理と、盛りだくさんshine

充実の1週間でしたscissors

2018年11月 6日 (火)

再始動

2018/10/29(月)の作業sun
ただ今、玉葱苗の植え付け時期を迎えていますsign01
この日は植え付けに向けて、朝から準備ですpaper
畝均しflair
Img_8890_002
だいぶ力を入れずにできるようになりましたscissors
最初が肝心sign01
この作業がいいかげんだと、後々の作業に響きますsweat01
板踏みflair
Img_8891_002
今までメンバー間で様々なペアを組んでやってきましたが、やはり相性は大切ですconfident
マルチ掛けflair
Img_8892_002
メンバーだけでも声が出るようになって、スピードもついてきましたsmile
2018/10/30(火)の作業sun
この日は、食育農園研修でしたshine
3名の方が来られましたhappy01
作業は玉葱苗の植え付けに向けて、マルチ掛けからスタートですsign01
Img_8893_002_2
スキを使うのは見ているよりも、ずっと大変bearing
張り切りすぎると、息が切れてしんどいだけですsweat01
コツをつかんで、同じペースを維持できるようになったら一人前ですscissors
研修員さん、なかなかの腰の入りっぷりでカッコイイsmile
畑の準備が整ったら、苗の準備ですpaper
この日は農園で育てた自家製苗の植え付けですshine
Img_8894_002
土をはらって、植え付けがしやすいように掃除ですpaper
ちょっと地味な作業ですが、農業は植え付けや収穫だけが仕事ではありませんsign01
そこに至るまでの準備や段取りがとても大切ですconfident
さぁ、いよいよ苗の植え付けですshine
Img_8895_002
コツコツひたすらの植え付け、しゃがみ姿勢もなかなかしんどいですsweat01
根気はいりますが、植え付け後の達成感はありますgood
一面広がる玉葱畑は、爽快ですhappy01
玉葱の収穫時期は6月頃ですsign01
研修員さんたちが頑張って植え付けてくれた玉葱苗がその頃、どれだけ立派に成長してくれるか楽しみですねnote
ちょっとしんどかった後は、ちょっとお楽しみもsmile
トラクターで起耕体験ですsign03
Img_8896_002
青空の下、広大な畑を独り占めshine
程よく風に吹かれて疲れは吹き飛んだでしょうかsign02
初めてとは思えない、余裕の表情ですhappy01
最後は運搬車の運転もsign01
Img_8898_002
1日ですっかり農園に馴染んだ研修員さんたちnote
良い笑顔ですhappy01
研修員の皆さん、1日お疲れ様でしたsign01
 
2018/10/31(水)の作業sun
自家製玉葱苗の植え付け続きflair
Img_8899_002
メンバーもすっかり、スピードアップしましたscissors
深すぎず、浅すぎず、丁寧に植え付けていきますgood
温室がsign01温室がsign01復活しましたsign03
台風でビニールが吹き飛ばされて以来、しばらく手をつけていなかった温室ですが
この度、無事に修復作業が完了いたしましたshine
Img_8901_002
そこで、再始動に向けて、まずは草引きですsign03
とにかく草引きrock
1に草引き2に草引きsweat01
2018/11/1(木)の作業sun
来週の出荷に向けて、3号地に干しておいた紅ハルカを作業場に運んで洗浄ですsign01
Img_8856_002
熟成されて、良い状態ですnote
紅ハルカは紅アズマに比べて、ちょっと小ぶりでねっとり系の品種ですpaper
黒枝豆の収穫flair
今週は隙間時間にとことん豆取りしましたsign01
Img_8861_002
日に日にリピーターのお客様も増えて大人気の黒枝豆ですshine
この時期になってくると、中の豆が紫がかってきて、それを湯がくとほこほことしてまた美味しいのですhappy01
温室内に堆肥撒きflair
草を引いてすっかり息を吹き返した温室shine
Img_8902_002
土作りのため、堆肥と石灰を撒きましたpaper
その後、新耕耘機で起耕flair
Img_8906_002
メンバーも初めて運転にチャレンジrock
指導員に教わりながら、自分なりに操縦の仕方を覚えていきますgood
2018/11/2(金)の作業sun
温室内の両サイドは、耕耘機が入れませんsweat01
そこで、草よけのマルチを敷くことにしましたsign01
Img_8904_002
まずは綺麗に広げ伸ばして
パタッと2つ折りにして、温室に端へ
Img_8905_002
パイプと土で押さえて、綺麗に草よけできましたscissors
もみ殻撒きflair
Img_8903_002
土を更に良くするため、仕上げにもみ殻を撒きましたpaper
いよいよ温室が復活した今週shine
これからの季節、農園の温室で育てる野菜たちに注目ですwink

2018年10月31日 (水)

恒例

2018/10/22(月)の作業sun

この日は京都事業部の料理コンクールが行われましたsign01

第46回を迎える伝統ある社内行事ですpaper

ふじっこ青空ファームでは、特別ブースを設けましたshine

Img_8682_2

農園で採れる旬の野菜の展示や販売を行いましたnote

また、今年はふじっこメンバー1人が青空ファームを代表してFS食部門に出品しましたgood

Img_8832_4

結果は残念ながら入賞とはいきませんでしたが、メンバーは良い経験ができたのではないでしょうかconfident

他事業所の皆さんの作品は甲乙つけがたく、どれも力作揃いでしたsign01

入賞された皆さん、おめでとうございますhappy01

農園では、台風で飛んでしまったテントの張り直し作業ですpaper

Img_8834_2

2度目だけあって、メンバーも要領を掴んでいてスムーズにいきましたscissors

1号地にあるハウスも、だいぶボロボロになっていたので、ビニールシートの張り替えを行いましたpaper

Img_8835

資材を収納しておいたり、シーズンには収穫した玉葱を干したり、トラクター置き場にもなっていますsign01

男性メンバー大活躍で、ピシッと綺麗に仕上がりましたscissors

2018/10/23(火)の作業cloud

この日は食育農園研修でしたshine

4名の方が来られましたhappy01

作業は、さつまいもの収穫からスタートsign01

Img_8719

土が固くて掘るのはパワーがいりますrock

始めは勢いのあった研修員さんも、後半はちょっとバテ気味にcoldsweats01

それでも、芋が顔を出すと、やはり嬉しくなるものですsmile

「大きいのでてきたsign01」とか「ここら辺に芋が隠れていそうsign01」とか、しんどいながらも楽しんでいただけたのではないかなと思いますconfident

さつまいもは芋だけじゃないsign03

ツルだって食べられるのですdelicious

Img_8726_2_2

皮を剥いて、きんぴらにするととっても美味しく食べられますnote

と、いうわけで研修員さんには青空市で販売する分のツルを収穫していただきましたpaper

続いて、空豆の種蒔きですsign01

Img_8734

測量棒で間隔を均等に取って、マルチに通称「穴開け君」で丸い穴を開けて、その中心に種を1粒ずつ蒔きましたpaper

立ったりしゃがんだりと、なかなか普段はしない体勢が続くので、1列終えるのもとても長く感じたと思いますsweat01

ストレーッチsign03

ではありませんcoldsweats01

Img_8747_2

グリーンピースの種を蒔くため、秘密兵器「土に穴開ける君」を使っているところですsmile

その後から、種を蒔いていきますpaper

Img_8766_4

種は、今年春、農園で採れた豆を乾燥させたものですgood

保温・保湿のため、もみ殻を被せますpaper

Img_8769_2

以前から農作業してますけどsign02

とても今日が初めての農園とは思えないくらい馴染んでますsmile

黒枝豆の掃除flair

Img_8836

地味~gawk

ですが、商品にするための大切な作業ですsign03

やはり手数sign01研修員さんたちのおかげで、あっという間に終わりましたhappy01

残りの時間は、メッセージカード作りの体験もしていただきましたpaper

研修員の皆さん、1日お疲れ様でしたsign03

2018/10/24(水)の作業sun

小物道具を入れておく倉庫の整理をしましたpaper

Img_8837

メンバーみんなが使いやすいように、配置を考えて収納を工夫しますgood

Img_8838_4

いらないものは処分して、道具は一目で見やすく、綺麗に整理できましたscissors

この状態を保っていくのも、メンバーの大切な仕事ですsign01

じゃが芋施肥flair

じゃが芋の芽がだいぶ大きく成長してきたので、1回目の追肥を行いましたpaper

Img_8839_4

全体には発芽しているところと、全く発芽していないところ、マチマチで例年に比べると発芽率が悪い気がしますdespair

台風の影響で植付け時期が遅れたこと、植付け時の土のコンディションの悪さなどが考えられますthink

カリフラワーflair

初採りですshine

Img_8841_2

意外にもsign02

農園では初チャレンジですsign03

表面は真っ白で、カットすると中は薄く紫がかった高級感あるオシャレなカリフラワーですnote

一方、男性研修員さんは2号地の溝の整備作業に励んでいましたrock

Img_8779

スコップを使って重労働ですsweat01

女性研修員さんは、7号地白菜畑のマルチ掛けですpaper

Img_8788_2

風は吹いていたので、綺麗に張るのは大変だったと思いますsweat01

こうした研修員さんたちの頑張りで、農園はどんどん良くなっていきますshine

2018/10/25(木)の作業sun

さぁsign01

ついにこの日がやってきましたsign03

早生と中早生の玉葱苗の植付けですgood

Img_8800_2

根と葉を切りそろえたら、よーいドンsign01

この日中に8000本植付けなくてはいけませんsweat01

Img_8808_2

メンバーはみんな集中して植付けに励みましたrock

そこで活躍したのが、この「玉葱植える君」ですsmile

Img_8813_3

ネジの部分を板のところまで押し込むと、一定の深さの穴が開くというものですpaper

これのおかげで、メンバーはみんな統一した深さに苗を植えることができますsign01

1日頑張って、無事8000本植え切りましたshine

2018/10/26(金)の作業sun

ぼーgawk

メンバーは畑の真ん中に突っ立ているわけではありませんsweat02

Img_8815

前日に植えた玉葱苗が土から浮いてしまっていないかチェックしていますsign01

作物は、植えたらそれきりでは決して良いものは育ちませんthink

目を配り、手をかけてやって初めて良いものができますshine

いちぢくの植え替えflair

冬の寒さの前にいちぢくは、より良い環境にお引越しですconfident

Img_8844_2

起耕して土を柔らかくし、堆肥ともみ殻を入れましたpaper

sign01耕耘機始動sign03

農園に新しい耕耘機「陽菜ちゃん」が仲間入りしましたhappy01

Img_8821_2

馬力があって農園の固い土でも楽々耕せますgood

この日は、お試しでじゃがいもの畝を中耕しましたpaper

秋採りキャベツ最終収穫flair

Img_8823_2

来週の出荷に向けて全採りしましたpaper

今回は出来が大変良かったので、小ぶりでも十分美味しく食べられるサイズ感ですnote

黒枝豆収穫flair

ぷっくり、中はほんのり紫がかってきましたnote

Img_8795

熟成して今が一番美味しい時ですshine

毎年恒例のビッグイベントsign01玉葱苗の植付けがスタートsign03

今後は晩生苗、農園製苗と植付けが続きますgood

1年て早いsweat01あっという間だなと思う1週間でしたconfident

2018年10月26日 (金)

黒枝豆あります

2018/10/15(月)の作業cloud/sun

キャベツ採れましたshine

来週はキャベツの出荷が控えていますsign01

1週間かけて採り溜めですgood

Img_8615_2

今シーズンのキャベツはここ最近と比べて大玉で、中身がギュッと詰まった自信作ですsign03

いつもこれくらいのクオリティを保てたらなと思いますが、気候条件などでなかなか難しいのが現実ですdespair

しかし、良いものが出来たときの収穫というのは、やはり一際嬉しいものですhappy01

出荷準備flair

今週は、さつまいもの出荷ですsign01

洗浄して乾燥させておいたものを、計量・箱詰めしましたgood

Img_8620_2

今回出荷するのは、関東で多く作られている「紅あずま」という品種で果肉の黄色が鮮やかなホクホクタイプのさつまいもですnote

2018/10/16(火)の作業cloud/sun

今週の青空市のイチオシは里芋shine

Img_8628_3

お客様はホクホクの親芋より、ねっとりの小芋のほうがお好みのようですwink

黒枝豆の収穫flair

一時は、生育不良で心配しましたが、この1、2週間でぷっくり実が入り盛り返してきましたshine

Img_8632_2

枝からサヤを外して、掃除までしますpaper

2018/10/17(水)の作業sun

施肥flair

葱や玉葱苗に肥料をやりましたpaper

大抵の野菜たちは、肥料が不足すると葉先が黄色くなってきます。

Img_8637

葱の成長が思ったよりも遅れているので心配ですweep

石灰撒きflair

今月末に早生の玉葱苗が入ってきますsign01

その植付け準備ですgood

Img_8647_3

起耕・畝立ての前に、石灰と元肥を撒いて、しっかり土作りですpaper

ハブ茶収穫flair

近隣の農家さんに分けてもらったハブ茶の苗が、立派に成長しましたsmile

このように茶色くなったサヤが採り頃ですnote

Img_8649_2

サヤの中にはツヤツヤした種子が入っていますpaper

これを炒って沸かすとお茶として飲めるのですsign01

Img_8650

この種子は、中国ではケツメイシと呼ばれ、古くから健康茶として愛飲されていますpaper

便秘解消や眼精疲労に良いとされていますhappy01

2018/10/18(木)の作業sun

黒枝豆をひたすら収穫flair

収穫時期を逃すと枝豆としては食べられなくなってしいますsweat01

Img_8654

メンバーは集中して収穫作業に励みましたgood

溝切りflair

玉葱植付け予定の畝が立ったので、早速溝切りですgood

Img_8662_2

スコップとスキを上手く使い分けて綺麗に溝が掘れましたscissors

藁の確保flair

お隣の田んぼに許可を得て、藁を回収させていただきましたpaper

Img_8658_3

藁は畑の土にすきこんだり、野菜が育つ過程で保温・保湿のために利用したり、何かをくくるのにも使える農作業に欠かせないものですsign01

2018/10/19(金)の作業sun

これまで、土作りして起耕して溝切りしてきた玉葱植付け予定の畝ですが、

この日はいよいよ仕上げの作業ですpaper

畝均しflair

Img_8772_6_2

平均して平らにしていくのにはリズムが大切ですgood

板踏みflair

Img_8771

ペアの息が合っているかが重要ですsign01

マルチ掛けflair

Img_8667_2

メンバー間の声掛けがないと、なかなかうまくいきませんbearing

これで、玉葱の植付け準備が整いましたscissors

お天気に恵まれ、収穫や準備と順調に作業が捗った1週間でしたhappy01

2018年10月15日 (月)

収穫の秋

2018/10/9(火)の作業sun

いよいよsign01待望のさつまいも収穫の日がやってきましたshine

ツルを切り、マルチを剥がしますpaper

Img_8557_2

大切な商品ですconfident

傷をつけないように慎重にスコップを入れていきますsign01

Img_8566_2

出来は上々shine

とにかく1個1個が大きく、掘りごたえがありましたsmile

Img_8571_2

収穫した芋は、ツルから切り離して3号地の干し場へrun

出荷までの熟成期間ですwink

Img_8596

今回収穫したさつまいもは紅あずまという品種ですpaper

午後は、じゃがいもの畝のマルチ掛けですsign01

Img_8597

男性メンバーで力を合わせて頑張りましたscissors

こういう作業はメンバー同士の声掛けが大切ですgood

2018/10/10(水)の作業cloud/rain

秋の特別編shine

1号地の野菜たちの様子をご紹介しますnote

budブロッコリー

Img_8572_2

台風で何度倒れても起き上がる強さsign01

見習いたいですgood

生育にバラつきはありますが、1番採りは早くも青空市の店頭に並びましたhappy01

bud先植えキャベツ

Img_8575

追肥のタイミングに気を配りましたgood

はらぺこ青虫の攻撃にも負けず、見事に結球してくれましたhappy01

ここ最近のキャベツの中で1番良い出来かもしれませんshine

bud後植えキャベツ

Img_8585_2

年を越して収穫するタイプですpaper

葉が10枚程まで増えて、ゆっくりではありますが順調に大きくなってきていますwink

budにんにく

Img_8577

ツーンとしてかわいかった芽が成長し、葉が出てきましたnote

収穫時期は5月~6月で、来年春の生育最盛期までじっくりと育っていきますconfident

budシャルム

Img_8579

冬採り玉葱のシャルムshine

葉が青々と成長してきましたwink

実はこの葉も美味しく食べられるんですdelicious

bud晩生の玉葱の苗

Img_8586_2

ひょろひょろだった苗もずいぶんと太くなりましたconfident

11月の植付け予定まで1ヶ月を切りましたsign01

bud白菜

Img_8583

外葉に勢いがありますsign03

中心は葉が立ち上がってきて巻きかけていますsmile

今年の白菜はメンバー一同期待大sign01なのですshine

budじゃがいも

Img_8589

かわいらしい芽がちょんnoteと出ましたhappy01

硬くてゴロゴロの土にもかかわらず、持ち前の強さを発揮しましたgood

今年は秋雨や台風の影響で植付け時期が遅れてしまったので、これからの生育が心配ですsweat01

2018/10/11(木)の作業cloud

今年もこの時期がやってまいりましたshine

昨年青空市のお客様に大好評だった黒枝豆ですsign03

Img_8598_4

今年は台風被害で、例年に比べて実の生りがいまひとつなのが残念なところですが、味は変わらぬ美味しさですdelicious

来週の出荷に向けて、先日収穫したさつまいもの紅あずまを洗浄しましたpaper

Img_8604_2

発注は150キロsign01傷物以外は全て出荷の予定ですgood

お米のシールにスタンプを押しましたpaper

Img_8605_2

ふじっこ青空ファーム印(ジルシ)ですsmile

2018/10/12(金)の作業sun

後植えキャベツと白菜に追肥flair

Img_8610

施肥のタイミングというのは非常に大切で遅すぎても早すぎても作物の生育は上手くいきません。

メンバーも本を読んだり、インターネットを活用してお勉強していますsign01

キャベツの収穫flair

先植えキャベツが採り頃ですnote

Img_8611_2

大きいものから順に収穫していきますgood

とてもしっかりした、緑鮮やかなキャベツですshine

お昼前、近隣の施設の子供たちが、食育の一環でさつまいも掘り体験に来てくれましたhappy01

Img_8607_2

ミニスコップ片手に一生懸命ですgood

始めはピカピカだった長靴も終わるころには泥の勲章がshine

オシャレなズボンのお尻は真っ黒になりましたsmile

お芋の掘れる瞬間は、大人でも嬉しいものですnote

子供たちにとって、楽しい思い出になってくれたらと思いますconfident

午後はメンバーもさつまいも掘りですsign03

Img_8609_3

紅はるかという品種を掘りましたshine

土は硬いし、何よりツルと根っこがものすごいsweat01

改めて芋の強さを感じましたgood

ブロッコリーにキャベツ、黒枝豆にさつまいもshine

収穫の秋到来で、嬉しい1週間となりましたhappy01

2018年10月 9日 (火)

再開

今週は、先週の作業のトピックスからスタートsign03

キャベツの苗を定植flair

雨の降る中、カッパを着て頑張りましたgood

写真はマルチ敷きの様子ですpaper

Img_8441_2

以前、植付けたキャベツは年内採りですが、この日植付けたのは、年を越して収穫する品種ですwink

溝切りflair

連日の雨で、畦には水が溜まっていましたcoldsweats02

Img_8442

作物が水に浸かっては大変ですbearing

台風対策も兼ねて、しっかりと水路を確保しましたscissors

作業が終わるころには、カッパは泥だらけですsweat01

じゃがいも植付けflair

雨や台風でチャンスを逃して早1ヶ月sweat02

やっと、この日を迎えましたhappy01

Img_8445_2

足元は悪かったですが、晴れ間を狙って一気に植付けましたscissors

デジマと農林一号という品種ですwink

葱の定植flair

温室内に取り残されていた葱を採って、植え替えましたpaper

Img_8446_3

葱はとても強いので、上手く根付いたら、もっと大きく成長してくれることでしょうshine

天候にはあまり恵まれませんでしたが、10月を前に、やることやってしまおうsign03という感じで、勢いのある1週間でしたsmile

2018/10/1(月)の作業sun

またまた台風上陸だった週末typhoon

台風一過のこの日は、畑のコンディションが悪いため室内作業からスタートしましたsign01

お米袋のシール貼りflair

Img_8539

メンバーは、初めの準備から最後の確認まで完璧ですgood

順調に仕上がりましたwink

午後は、畑に出て白菜と先植えのキャベツに肥料をやりましたpaper

Img_8447_3

今年は白菜もキャベツも葉の成長がとても良いですhappy01

キャベツはすでに結球していて、にぎり拳大にまで大きくなっていますscissors

2018/10/2(火)の作業sun

この日は食育農園研修でしたshine

4名の方が来られましたhappy01

さつまいもの収穫時期が来たので、その前にガッツリ除草作業ですrock

Img_8471

とにかく根が強いsign01

しかもさつまいものツルと絡み合って、なんとも草が引きにくいですsweat01

Img_8473

メンバーと研修員さんで協力して草と戦いますpunch

Img_8478

この日は晴天sun

秋とはいえ、一生懸命に草を引けば、それなりに暑くなりますsweat01

Img_8469

青空と汗を拭く研修員さんsign01絵になっていますnote

さつまいも畑が大方綺麗になったので、

せっかくですsign01

さつまいもの試し掘り体験をsmile

Img_8492_2

さすが男性はパワーがありますsign01

初めてとは思えないほど、さまになっていますwink

出てくるさつまいもが大きければ大きいほど、研修員さんの「おぉ~shine」の声も大きくなります(笑)

Img_8490

やっぱり収穫作業は楽しいですねhappy02

採ったどぉーsign03のポーズで記念の1枚happy01

Img_8507_3

木曜日の懇親会では、研修員さん自ら収穫したこのさつまいもを、調理して食べていただくことになりましたwink

続いて里芋も収穫しましたshine

Img_8511

去年に比べると、ちょっとかわいらしい大きさでしたcoldsweats01

それでも芋は芋sign01

研修員さんの笑顔が収穫の喜びを表してくれていますconfident

午後は、2号地から3号地の奥にお引越ししたハウスの骨組みに、ビニールシートを被せましたpaper

メンバー、研修員さん一丸となって、「あーでもない」「こーでもない」言い合いながら、なんとか形になりましたscissors

Img_8514

終わるころにはすっかり夕暮れconfident

研修員の皆さん、1日お疲れ様でしたsign01

2018/10/3(水)sun

この日は朝から3号地ハウスの整備ですpaper

パレットと足場板で、お手製の干し場を作ったり

Img_8519_2

曲がったパイプを伸ばして、ハウスの補強に使ったり

Img_8521_2

だいぶイイ感じになりましたsmile

夏の終わり~

ということで、夏の間青空市の売り上げに貢献してくれた、2号地のきゅうりとミニトマトの撤収作業ですpaper

Img_8518_2

メンバー総出で行ったので、ちょちょっと終わりましたcoldsweats01

ちょっと悲しいですねweep

一方、研修員さんたちは、7号地に白菜の苗を植付けましたsign01

Img_8537_2

しゃがみ作業はなかなかしんどいdespair

畝も長いし

Img_8531_2

土はまだまだゴロゴロ

Img_8534

それでも研修員さんたち頑張りましたrock

最後は水をたーっぷり撒いてフィニッシュですscissors

Img_8528

研修員さんたちのリレーで繋いでいる7号地の作業。

雨の中、土作りのためにソルゴーの種を蒔いて

炎天下、草が出てきたときにはその穂を摘み取り

そして今回やっと、白菜の苗を植付けるところまで来ましたshine

研修員さんたちの頑張った軌跡が7号地にはありますgood

立派な白菜が実ることを願いますhappy01

2018/10/4(木)の作業cloud/rain

10/2(火)より、お休みしていた青空市を再開しましたshine

9月中は、台風の影響で作物が傷んでしまい、とても開店できる状態ではありませんでしたbearing

というわけで、売り子さんのオススメですhappy01

Img_8482

採れたてsign01初物さつまいもnote

滋賀県高島市産のコシヒカリ「新米sign03

ですshine

久しぶりの青空市、お客様が離れてしまったのでは?と、心配していましたが、

開店すると、常連のお客様が何人も足を運んでくださいましたhappy01

Img_8541

久しぶりにお客様の顔を見て、お話しして、なんだか元気をもらいましたnotes

※10月からの青空市は、火・木・土の開催ですflair

残りのメンバーは、3号地ハウスの干し場によしずを掛けましたpaper

Img_8543

その後、1号地で、倉庫の整理とシャルムの草引きpaper

Img_8542

シャルムの生育は順調で、葉は青々と伸びていますshine

2018/10/5(金)の作業cloud

朝からさつまもの畝の草引きをしましたpaper

さつまいもを植えていない草だけゾーンですsweat01

Img_8544_2

まぁ背の高い頑丈な草が伸び伸びとsweat02

これが鼻の穴や耳の中に入ってかゆいのなんのdespair

来週は、子供たちがさつまいも掘りに来てくれる予定なので、綺麗に除草できて良かったですscissors

午後は、里芋の畝の草引きをしましたpaper

久しぶりの食育農園研修に、青空市の再開shine

活気のある1週間でしたsign01

<速報sign03

3号地の奥にイチヂクを植付けましたshine

Img_8548_2

このイチヂクは苗木から育てたもので、以前来園した研修員さんたちが苗の植え替えをしてくれましたhappy01

その頃は、まだまだ小さかったイチヂクもすっかり大きくなって、畑に定植できるほどになりましたnote

Img_8551_2

大きく葉を広げ、元気に成長中ですsign01

«繁忙期