2017年4月20日 (木)

夏野菜植付け

note今週の作業トピックスnote

flair3号地大根収穫と出荷準備flair

出荷用の大根ですpaper

Img_5349

1号地の大根に比べると、形がいびつで、生育も悪かったですsweat02

Img_5348

中でも比較的大きく、形の整ったものを選んで、洗浄→計量→箱詰めしましたsign01

キャベツ・玉葱も同様に、出荷準備しましたpaper

Img_5355

玉葱は農園で収穫したもので、今回が今シーズン初出荷ですshine

flair食育農園研修3週目flair

畑に出て、メンバーと一緒に作業していただきましたhappy01

2号地、溝掘りpaper

雨の後はどうしても畦に水が溜まります。

溝を掘って水の流れを作ります。

Img_5359

慣れない作業に四苦八苦ですcoldsweats01

大根間引きpaper

種を2粒蒔いているので、大きく成長するように1本仕立てにします。

Img_5375

最初は、なかなか大根と大根の境目が分からず、迷いながらの作業でしたが、徐々にスムーズに間引きできるようになりましたwink

玉葱収穫paper

青空市で販売する玉葱を収穫していただきました。

Img_5395_2

ちょうどいい大きさという基準が難しく、悩みながらの収穫でしたconfident

どれもこれも初体験sign01

戸惑いながらも、積極的に作業に取り組んでいただきましたscissors

flairおいしいお米袋のシール張りflair

Img_5381

1日かけて、1700枚の袋にシールを張りましたpaper

同じ位置にピシッとシールを貼るのは、けっこう難しいですwobbly

flair青空市flair

イチオシ商品は、朝採れ新鮮ほうれん草ですshine

Img_5414

店頭に並べるため、綺麗に掃除しますsign01

売り子さんのオススメshine

Img_5418

農園で採れたフレッシュ極早生玉葱sign01

まだ若いので、葉まで食べられますdelicious

お店じゃ見かけない、大根の間引き菜sign01

炒めても、お味噌汁に入れても美味しいですdelicious

その他、キャベツ・サニーレタス・青ネギ・じゃがいも・筍・お米の販売を行いましたpaper

flair肥料やりflair

Img_5423

2号地と3号地の大根とキャベツに肥料をやりましたpaper

大きくなぁれnotes

flair石灰撒きflair

3号地のキャベツ植付け予定地に石灰を撒きましたpaper

Img_5424

粉状なので、思わず吸い込むとくしゃみは出るは咽るはで、ちょっと厄介な作業ですsweat02

flair苗植え色々flair

ブロッコリーnote

Img_5430

トマトnote

Img_5435

サニーレタスnote

Img_5441_2

研修員の方も一緒に、夏に向けての野菜作りですsign01

苗は人間でいうと赤ちゃんと一緒です。

優しく丁寧に植付けてあげますconfident

flair玉葱畝の草引きflair

1号地の、晩生の玉葱の草引きをしましたpaper

Img_5447

畝の横から生えている草もバッチリ抜きましたscissors

晩生の玉葱は、成長がまばらで少し心配ですdespair

flair極早生玉葱の収穫flair

来週出荷用の玉葱を収穫しましたpaper

Img_5450_2

玉葱は、収穫後少し干さなければいけないので、早めの収穫です。

Img_5449

拳より大きな玉葱が沢山ありましたsmile

収穫あり、植付けありの充実した1週間でしたnote

2017年4月14日 (金)

桜咲く

shine今週の作業トピックスshine

flair出荷用大根の収穫flair

Img_5229

週末の雨で、足元はかなり悪かったですsweat02

Img_5232

割れや規格外が少なく、ツルッと美人さんな大根達でしたhappy01

これで1号地の大根の収穫はフィニッシュですsign01

収穫後、洗浄→計量→箱詰め

Img_5245

契約農家さんのキャベツも出荷準備しましたpaper

Img_5254

出荷の準備は、ある程度役割が決まっていますが、イレギュラーなことも多く、臨機応変さが求められるので、みんな混乱しがちですdespair

よって、どうしても指導員の指示待ちになってしまします。

メンバーが主体的に考えて、積極的に行動していくということが今後の目標ですgood

flairほうれん草の掃除・洗浄flair

Img_5257

協力農家さんから、ほうれん草を分けていただきました。

青空市で販売するため、準備しますpaper

Img_5260

黄色い葉は取って、丁寧に1束1束洗います。

春になって、水道の水の冷たさも、だいぶ緩和されましたwink

flair食育農園研修2週目flair

1日風が強く、嵐のような雨だったので、室内で一緒にお月見のメッセージカード作りをしましたpaper

Img_5261

メンバーが率先してレクチャーしていましたhappy01

休憩中は、研修員の方とコミュニケーションを取って、終始和やかな雰囲気でしたnotes

Img_5271

台紙を半分に折るところから初まって、カードの糊付け、そしてウサギを貼って完成ですshine

立体感のあるメッセージカードに仕上がりましたnote

なかなか良いデザインだと、メンバー間でも好評の自信作ですscissors

flair青空市flair

売り子さんのオススメ商品note

Img_5284

朝一採れたてのフレッシュ新玉葱sign01

歯ごたえしっかりのシャキシャキほうれん草sign01

その他、丸大根・ブロッコリー・キャベツと、品数は多くはありませんでしたが、どれも品質に自信ありのラインナップで販売しましたwink

flair大根種蒔きflair

2号地に「四季の味」という品種の大根の種を蒔きましたpaper

Img_5287

四季の味は、今農園で収穫している丸大根の品種ですflair

  穴開け→種入れ→根切り虫除けの薬→篩った土→もみがら

分担して少ない人数で効率よく種蒔きできましたscissors

flairトラクター収納庫のビニール張り替えflair

屋根を覆うブルーシートがだいぶ傷んできたので、新しいものに張り替えましたpaper

Img_5292

ピッチっと綺麗にいきましたsmile

これで、休憩ハウスも無事完成し、夏の休憩が日陰で快適にできそうですgood

flairグリンピース・空豆の手入れflair

空豆を前回張ったラインの内側に入れ込みましたpaper

Img_5297

研修員の方が一緒に作業してくれましたhappy01

前回からだいぶ成長していて花が咲きましたshine

Img_5294

グリーンピースのライン引き第2弾paper

Img_5296

前回引いたラインの位置よりもだいぶ上に伸びましたsign01

こちらも花が咲きましたshine

Img_5293

どちらも綺麗なかわいらしい花ですnote

flair玉葱苗の畝の草引きflair

3号地のサラダ玉葱シャルムの苗の畝と、1号地の玉葱の畝の草引きをしましたpaper

シャルムの苗はまだ細いですが、元気に成長中ですhappy01

Img_5302

1号地の玉葱は一部生育不良も見られますが、比較的順調に大きくなっています。

Img_5307

flair草津みちサポーターボランティアflair

いつもとルートを変えて、1号地に隣接している幹線道路の清掃を行いましたpaper

Img_5336

タバコの吸い殻やお菓子のゴミなどが目立ちました。

Img_5337

flair極早生玉葱初収穫flair

1号地の極早生玉葱を、来週の出荷用に収穫しましたshine

Img_5332

大玉で立派なフレッシュ玉葱ですsmile

Img_5333

葉もまだ青々しているので、ネギ焼きやすき焼きで美味しく食べられますwink

正直、昨年の玉葱よりも出来はかなりいいですgood

今週は桜が開花し、農園の近隣の神社も満開になりピンク色が青空に映えて、とても綺麗でしたcherryblossom

Img_5316

週の後半は天候にも恵まれ、畑仕事も気持ちよくできた1週間でしたnotes

2017年4月 7日 (金)

食育農園研修

flair今週の作業から、トピックス形式でご紹介していきますsign01

flair週初め、大根の収穫flair

出荷用の大根ですpaper

Img_5054

引き続き、火曜日の出荷の準備をします。

 洗浄→計量→箱詰め

flair午後は、グリーンピースのライン引きflair

Img_5071

両サイドからグリーンピースのツルを挟み込んで、風で倒れないようにしますgood

Img_5068

このくくり方にみんな手こずって、なかなか前に進みませんsweat02

それでもなんとかメンバー同士教え合って、クリアしましたscissors

flair食育農園研修始まるflair

ふじっこメンバーと一緒に作業をしていただきましたhappy01

1号地の草引きpaper

Img_5079

玉葱収穫happy01

Img_5088

空豆のライン引きnote

Img_5099

協力・声掛けし合いながら、一緒に頑張りましたgood

flair水曜日、青空市flair

イチオシ商品は今シーズン、初採り新玉葱ですshine

Img_5111

畝立てから始まり、苗の植付け、草引きと、手をかけてやっただけに、収穫の喜びも一入ですhappy01

売り子さんのオススメ商品paper

農園で育てた甘くて柔らか~い丸大根delicious

冷めても美味しい、滋賀県高島市産のコシヒカリdelicious

Img_5112

flair1号地、溝作りflair

起耕した後は、必ず溝掘りします。

雨が降って畦に水が溜まった時に、流れる溝が必要です。

Img_5121_2

力と根気のいる作業で、真っ直ぐスキッと掘るのには、慣れと経験が必要です。

男性メンバー大活躍ですgood

flair空豆の畝の草引きflair

Img_5130

草に養分を吸われてしまっては、成長不良になってしまいますwobbly

空豆を傷つけないように、丁寧に行いましたhappy01

flair大根収穫後のマルチ巻取りflair

Img_5138_2

マルチの上に乗っている草や葉をどけながら、次またリサイクルできるように綺麗に巻き取りましたscissors

大根の後は、起耕して、さつまいもの畝にする予定ですpaper

flairお月見のメッセージカード作りflair

Img_5136

研修員の方も一緒に作業を行いましたwink

ウサギが折り終わり、目を描き入れました。

Img_5125

グッとウサギらしくなりますnote

flairキャベツの種蒔きflair

Img_5140

前回、種蒔きしたキャベツの発芽率が悪いですsad

今回は改善して、土をふわっとセルトレーに入れるようにしましたsign01

「初秋」という品種の極早生タイプですpaper

今週は、気温が一気に上がり、ずいぶん暖かくなりましたsun

溝掘り・草引き・ライン引きなど、畑が整備されて、いよいよ、野菜もグングン成長する春の訪れですnotes

2017年3月31日 (金)

草に負けるな!

2017.3.27(月) くもり後晴れ

午前、火曜日出荷分の大根の収穫からスタートですsign01

1号地へ向かいますrun

丸々とした、かわいい大根が顔を出しますhappy01

Img_4897

葉は畑で切り落としていきます。

Img_4900

大根を抜く者と、葉を切る者と、回収する者に分かれて、100キロ分の大根を収穫しましたwink

前日の雨で、畑のコンディションが悪く、作業着や手袋がすぐに泥々になりましたbearing

Img_4896

作業場に戻って、洗浄作業ですpaper

まずは、泥落としです。

Img_4905

その後、流水で仕上げ洗いします。

Img_4910

箱は作りながら、計量です。

Img_4909

ラベルシールを張るところまで終わらせましたscissors

午後は、大根同様、火曜日出荷分のキャベツの計量・箱詰めを行いました。

Img_4914

これは契約農家さんから仕入れたキャベツで、葉が青々としていて美味しそうですsmile

キャベツの計量は1玉が大きいので、キロ数を合わせるのも一苦労ですsweat02

それでも、メンバーみんなで、分担・協力してスムーズに終えることができましたgood

残りの時間は青空市の準備をしましたpaper

まずは、冷蔵庫の整理や在庫管理からです。

それがしっかりとできてから、玉葱やじゃが芋、人参の計量・袋詰めを行いました。

Img_4916

Img_4918

最後は、1日使った作業場をピカピカに清掃して作業終了ですshine

比較的天候も良く、大根の収穫に喜びを感じた1日でしたhappy01

2017.3.28(火) 晴れ

午前は、ブロッコリーの苗を2号地と3号地に植付けましたpaper

Img_4929_2

今回は、購入した苗です。

Img_4926

以前、農園でも種から苗を育てましたが、こんなに立派な物ではありませんでしたsweat02

それでもちゃんと、ブロッコリーは実りましたが.....coldsweats01

植物は強いですsign01

キャベツ同様、優しく根元を押さえてやって、植付けます。

Img_4924

最後に水やりです。

Img_4934_2

ブロッコリーは、青空市でも非常に人気が高いので、今から収穫時期が楽しみですnote

その後は、人参が発芽したので、ビニールとネットの巻取りですpaper

Img_4951

ネットには人参の芽が絡んでいるので、慎重に慎重にめくっていきます。

これが足腰にきてなかなかしんどいですsad

Img_4933

ビニールは最終的に、簡易巻取りマシーンで綺麗に巻きなおしましたscissors

次に使う時のことを考えてこその作業ですgood

Img_4947

シャルム(サラダ玉葱)が発芽したので、ビニールをめくって、成長を促すためトンネルをしました。

Img_4938

初めの頃は戸惑っていたトンネルも今では、迷いなくスムーズに作れるようになりましたshine

午後は、玉葱の畝の残りの草引きですpaper

Img_4954

頑固な草が多くて、なかなか前に進みませんでしたdash

それでもなんとかフィニッシュsign03

その後は、キャベツの畦の草が伸び放題で、あまりに酷かったので、三角グワを使って除草作業に勤しみましたgood

Before

Img_4955

奥まで、見渡す限り、草sign01sign01sign01です。

After

Img_4957

地面が見えて、本来の畦の姿に戻りましたshine

一生懸命にやったので、体が熱くなりましたsign01

中途半端や、やらなくてはと、ずっと引っかかっていたことが、一気にできて、スッキリした1日でしたscissors

2017.3.29(水) くもり後晴れ

1日を通して青空市でしたsign01

Img_4976

朝礼で役割分担を決めて、すぐに準備に取り掛かります。

Img_4977

Img_4974

準備段階で、お客様が来店し、あわてた場面もありましたcoldsweats02

売り子さんのオススメ商品shine

Img_4971

農園で採れた、甘くてジューシーな丸大根note

おろしにして美味しい、葉付きの青首大根note

そしてなんといってもイチオシは、じゃがいも・人参・玉葱・お米のカレーセットnote

それぞれ別売りですがcoldsweats01

この日の1番人気は、ほうれん草でしたshine

Img_4962

その他、キャベツ、ブロッコリー、青ネギを販売しました。

リピーターのお客様は午前中、早い時間の来店が多いですhappy01

Img_4980

お目当ての商品も決まっていたりしますsmile

Img_4981_2

売り子さんも積極的に野菜とお米をアピールですsign01

Img_4982

商品の陳列位置などを工夫して、バランス良く、どの商品も売れるように考えましたgood

販売担当のメンバーは、隙間時間にお月見のメッセージカード作りをしましたpaper

残りのメンバーは1日を通して、1号地のキャベツの畦の草引きをしました。

Img_4987

大きなミスもなく、青空市でたくさん商品が売れてHappyな1日でしたhappy01

2017.3.30(木) 晴れ

1号地土手の草引きからスタートですpaper

Img_4991

頑固な大きい草を中心に三角グワで取っていきます。

その後は、土手で乾燥させておいた、さつまいものツルの回収です。

Img_5011

さつまいも植付け予定地に肥料として撒きました。

Img_4995

その後、起耕です。

Img_5017

いものツルは草と絡み合って、回収するのに一苦労でしたsweat01

土手と畑の間も何往復したか分からないくらい、良く歩きましたrun

気温も高めだったので、一気に体力を奪われましたbearing

午後からは、増設した休憩ハウスに、ブルーシートで屋根を付けましたgood

Img_4997

これで、夏の暑さもしのげそうですsmile

女性陣はキャベツの畝の草引きをしましたpaper

Img_5014

キャベツの葉がだいぶ大きくなってきているので、丁寧に葉をめくりながらの作業でした。

急に暖かくなり、上着を1枚も2枚も脱いだ1日でしたsun

2017.3.31(金) くもり後雨

午前、さつまいもの植付け予定地に木くずを撒きましたpaper

木くずは土をふわふわにしてくれますflair

Img_5019_2

細かい木くずを鼻から吸い込んでしまい、みんなでくしゃみを連発しながらの作業ですsweat02

その後は、空豆の畦の草引きをしましたpaper

Img_5025

たくましく、花を咲かせている草もありましたgawk

大きな草ばかりなので、抜きごたえ抜群でしたcoldsweats01

午後は、雨が降ってきたため室内作業ですpaper

久しぶりにみんなでまとまって、お月見のメッセージカード作りをしました。

Img_5026

折り紙だけでなく、カードのカットも大切な仕事です。

Img_5028

どんなカードになるかは、また次の機会にご紹介しますnote

木曜日の暖かさから一転、とても肌寒い1日でしたdespair

2017年3月24日 (金)

まだまだ寒い!

3/21(火) 雨

1日、作業場での作業が中心でした。

午前、全員総出で出荷作業に取り掛かりますsign01

大根・キャベツを大阪・京都に出荷ですflair

契約農家さんの大根以外に、農園の大根も出荷なので、雨の降る中、1号地に大根の収穫に行きました。

Img_4775

丸々して、今にも弾けそうな大根です。

Img_4779

冷たい雨音が響く中、みんな黙々と収穫します。

足元は泥々で歩きにくく、カッパも大根についた土で汚れます。

その間、作業場ではキャベツの外葉剥きと計量・箱詰め・ラベルシール張りです。

Img_4783

月曜日が祝日でお休みだったため、NO準備からのスタートですsweat01

出荷量も多く、納品の時間も決まっているため、作業は急ピッチで進みますdash

箱は、作りながらベルトコンベアの要領で、計量担当に流していきます。

キャベツの後は大根の洗浄です。

Img_4786

外気が寒いのもあってか、水はとても冷たいですwobbly

1列に並んで奥から洗浄・拭き上げ・計量の流れ作業です。

Img_4794

みんなで協力して、無事に昼までに出荷作業を終えることができましたscissors

やればできるsign03

みんなの自信とやる気に繋がりますgood

最後は使った作業場を綺麗に清掃しましたshine

午後からは、水曜日の青空市の準備です。

人参・ブロッコリーの計量・袋詰めや、ほうれん草の掃除・計量・袋詰めpaper

Img_4808_2

大根の掃除やネギの掃除・袋詰めpaper

Img_4800

毎週のことなので、手際がよくなりましたhappy01

ネギの香りが部屋にこもって、目が痛かったですcrying

残りの時間は、お月見のメッセージカード作りをしましたflair

Img_4810

雨にも負けず、みんなで一致団結sign01スピードに乗った作業ができた1日でしたscissors

2017.3.22(水) くもり時々晴れ

1日を通して青空市ですhappy01

朝礼前からみんな、積極的に準備に取り掛かりますsign01

看板を書いたり、テーブルのセッティング、品出しなど自分たちでレイアウトを考えながら行いますgood

Img_4812

Img_4814

売り子さんのオススメnote

Img_4825

農園で採れた、柔らかくて甘~い丸大根とふんわり春キャベツですshine

その他、甘くて美味しいと評判sign01リピーター多数の人参note

Img_4821

香りが良く、柔らかな葉の青ネギnote

Img_4822

滋賀県高島市産のコシヒカリと無洗米、ほうれん草、ブロッコリーを販売しましたflair

正直、この日はお客様が少なかったですthink

Img_4829

それでも、売り子さんは積極的に野菜とお米をアピールしていましたhappy01

Img_4830

「新鮮だから、これがおいしいのよね~」とリピーターのお客様wink

いつもありがとうございますconfident

午前は青空市と並行して、お米袋のシール張りをしましたflair

Img_4826

近々、青空市で2㎏のお米の販売を予定していますsign01

「5㎏では多い、重たい」と言う、お客様の声に応えましたshine

一方、男性陣は1号地・2号地の溝の整備をしましたpaper

月曜日の雨で、畦にだいぶ水が溜まっていましたsad

午後は、青空市の販売を続けながら、残りのメンバーで、キャベツの種蒔きをしましたpaper

YR天空という病気に強い品種ですflair

Img_4835

ボランティア農家さんにレクチャーを受けた時のメモを見て、しっかり手順を確認しながら行いましたgood

土をセルトレーに詰める作業は、四隅になかなか上手く土が入らず苦戦します。

種蒔きは、粒が小さいため、1粒入れるはずが2粒入ってしまったりして、神経を使います。

種蒔き後は、お月見のメッセージカード作りをしましたpaper

Img_4837

みんなで細かなところまで、折り方を統一するのは、けっこう難しいですsweat02

それでもカードは大切な商品になります。

受け取ってくださる喫食者の皆さんの笑顔を想像して、心を込めて1つ1つ折りますconfident

風が強く、青空市の野菜管理に気を遣った1日でしたcoldsweats02

(日光や、風に当たると、野菜の品質は短時間で一気に落ちます。)

2017.3.23(木) くもり

1日を通して1号地の玉葱の畝の草引きをしましたpaper

Img_4850

この日、草引きをしたのは農園で栽培した苗の畝ですflair

まだまだ小さく、ひょろひょろですが、これでもここ最近の寒さの緩和で、大きくなりましたhappy01

Img_4849

極早生の苗は、というと.......

Img_4846

こ~んなに大きく成長しましたshine

葉も青々としていて、生育は順調ですsign01

実もしっかり丸くなってきていますsmile

Img_4848

1号地の土手には、つくしが沢山生えていましたnote

Img_4844

暖かい春までもうちょっとsun

の、はずが........

この日は風も冷たく、くもりがちcloud

みんな寒さに耐えながら頑張っていましたgood

午後は、キャベツの種蒔きもしましたsign01

Img_4854

第1弾の苗は無事に成長し、植付けも完了したので、第2弾の苗作りですflair

あえて時期をずらして、長く収穫できるように調整していますpaper

玉葱の成長に嬉しくなった1日でしたhappy01

2017.3.24(金) くもり時々晴れ

1日を通して1号地の玉葱の畝の草引きをしましたsign01

Img_4875

風が強いので、じっとして行う草引きは寒さが身に応えますwobbly

午前は、草引きの他に、2号地の大根の畝のビニール巻取りをしましたpaper

種を蒔いた大根が発芽したのですshine

Img_4860

かわいい双葉ですnote

芽を傷つけないように、そっとビニールをめくっていきます。

Img_4859_3

その後、簡易巻取りマシーンを設置して、くるくると巻いていきましたflair

Img_4866_2

しゃがんで地道に巻いていくより、遥かに楽ですscissors

これもボランティア農家さんが教えてくれた知恵ですhappy01

1号地では、キャベツに追肥をしましたpaper

Img_4869

しっかりと、結球してきましたwink

Img_4868

これからはちょうちょとの戦いになるでしょうsweat01

1号地の様子を少しご紹介しますnotes

グリーンピースと空豆が、グンと伸びましたsign01

Img_4870

グリーンピースはネットに沿ってのびのび成長中ですnote

Img_4872

空豆は背丈20センチ程になりましたsmile

5月、6月に収穫予定ですflair

午後からは、実が大きくなっている極早生の玉葱の畝の草引きでしたpaper

草の根が実に巻きついて、固くて固くて、抜くのにひと苦労ですsweat02

指の先が痛くなりましたcoldsweats01

Img_4877

あと一歩というところで、終業時間が来てしまい、全畝の草引き制覇ならずでしたsad

スピードを意識してみんなで頑張ったのですが残念ですweep

北風に吹かれて、寒さに耐えながら地道に頑張った1日でしたgood

雨の中の収穫や、風の中の草引きなど、「寒い!冷たい!」と感じることの多い1週間でしたconfident

2017年3月19日 (日)

嬉しい収穫とキャベツ植付け

2017.3.13(月) くもり時々晴れ

午前は、金曜日に引き続き、お米のシール貼りからスタートですsign01

残り枚数も少なかったので手際よく貼れましたscissors

2号地では、キャベツと大根の収穫を行いましたpaper

Img_4488

春キャベツではないですが、ふわっと巻いた柔らかいキャベツですnote

大きい頭の大根をスポッと抜くと........sign01

Img_4506

かわいらしい丸々した大根が顔を出しましたhappy01

Img_4507

収穫の後は、奥義sign01連結運搬ですgood

Img_4508

一気に重たい野菜が効率良く運べますscissors

収穫後はマルチを巻き取りました。

Img_4509

意外と、足腰使ってしんどい作業ですcoldsweats01

作業場に戻って、大根の洗浄と火曜日出荷分の段ボール作りをしました。

Img_4492

手袋をすれば冷たい水もヘッチャラですgood

Img_4495

事業所が多いので、箱作りも大忙しですsweat01

午後は、火曜出荷分の大根・キャベツの計量・箱詰め・ラベルシール貼りをしました。

Img_4505

キャベツは、とても大きく、1玉2キロ近くありましたsign01

発注キロ数に合わせてピッタリ計量するのは、なかなか難しいですsweat02

1号地では、備品整理と空豆の畝を中心に全体の除草を行いましたpaper

月曜日から、活動量の多い1日となりましたgood

2017.3.14(火) くもり時々晴れ

午前は、葉まで食べられるサラダ玉葱、シャルムの種蒔きから作業開始ですsign01

シャルムの種蒔きは、農園では初めての試みで、ボランティア農家さんにレクチャーを受けながらの作業ですpaper

耕運機で畝を立てて、レーキで土均しです。

Img_4522

レーキの使い方は一方通行、進行方向に平らに平らに均していきます。

その後から板踏みです。

Img_4528

粗めにふるっておいた土を畝の上に撒きます。

土と土の間の溝を篩った土で埋めるのですflair

下の写真の状態のようにします。

Img_4544

この時の土の撒き方にみんな苦戦していました。

Img_4538

ファサ~っとフワ~っと、まんべんなく薄く撒くわけですが、それがドサッとバサッと落ちてしまうわけですsweat02

最終的にボーリングをするように手首のスナップをきかせて撒くということでみんなコツを掴みましたscissors

肝心の種蒔きです。

黒いコーティングのされた種です。

Img_4549

これもまんべんなく畝の上に撒かなくてはいけません。

みんなで、パラパラ~と蒔く練習をしながら、3袋蒔ききりました。

いざ自分の番が来ると、少し緊張しましたcoldsweats01

Img_4552

初めの頃は、種をパラパラと蒔いたのではなく、ボトッボトッと種が落ちていましたが.......sweat02

種が蒔けたら、またボーリングの要領で篩った土を被せます。

種が隠れる程度です。

上からもみ殻を掛けます。

Img_4566

これは布団のようなものです。

掛けすぎても、薄すぎてもダメです。

均等に、綺麗にです。

ネットを掛けて、水をたっぷりと撒いて、ビニールを掛けたら、種蒔き完了ですhappy01

Img_4575

この種蒔きしたシャルムはまず小玉葱になります。

それから1度、小玉葱を土から起こして、干して乾燥させた後、畑に植付けるとシャルムが実りますgood

午前中後半は、簡易温室と1号地トンネルの小松菜とほうれん草の収穫ですpaper

Img_4576

テスト栽培用のほうれん草と小松菜が簡易温室の中ですくすくと育ちましたshine

まだ小さいですが、ベビーリーフとして青空市で販売しますsign01

トンネル栽培の方は、簡易温室よりも種蒔き時期が遅かったのに、グーンと成長して、とても立派な葉になっていましたscissors

Img_4583

やはり地に植えたものは、違います。

Img_4585

セルトレーのものはハサミで

Img_4577_2

地物はカマで

Img_4587

丁寧に収穫しましたhappy01

生のまま味見しましたが、香りが強く甘かったですnote

ほうれん草と小松菜では、しっかり味の違いがありました。

完全無農薬栽培で、自慢のテスト栽培となりましたshine

午後からは、収穫した、ほうれん草と小松菜の掃除ですpaper

Img_4592

人参やブロッコリーの計量・袋詰めなど、青空市の準備もしましたflair

キャベツの植付け予定が迫っているため、3号地では起耕を行いましたpaper

Img_4597

シャルムが無事発芽するか、期待と不安の1日でしたconfident

2017.3.15 雨時々くもり時々晴れ間 風強し

1日を通して青空市ですhappy01

Img_4599

朝はみぞれ交じりの雨が激しく降っていて、一旦様子を見ながら朝礼で雨対策を考えてからの準備開始となりましたpaper

Img_4619_2

いつもより、テーブルを建物寄りに設置したり、野菜もコンパクトにまとめました。

この日の売り子さんのオススメはsign01

Img_4612

農園の簡易温室で栽培した小松菜とほうれん草の間引き菜と、これまた農園で採れた春キャベツですshine

どちらも柔らかい葉が魅力で、甘くて美味しいですsmile

1番人気は、農園のトンネルで育った、味の濃ーい露地物ほうれん草ですshine

Img_4601

次いで人気なのが、炊くととろけるほど柔らかい、農園の丸大根ですshine

Img_4613

形は不細工でも、料理したら印象が変わりますよgood

その他、滋賀県高島市産のコシヒカリと無洗米、ブロッコリー、人参、小松菜、ネギを販売しましたsign01

不安定なお天気にも関わらず、お客様も多く来店されましたhappy01

Img_4622

特に午前中早い時間から買いに来てくださる、常連さんの姿が目立ちました。

Img_4626

売り子さんは積極的に接客しますwink

オススメ野菜や、調理法、味など、お客様が知りたい情報を把握しておいて、しっかりお伝えしますflair

売り子さん担当メンバー以外は、室内でお月見のメッセージカード作りと、ユニフォームのシール貼りをしましたpaper

Img_4628

ユニフォームのシール貼りは、袋の静電気との戦いでしたcoldsweats01

シールの張る場所が一定になるように専用ゲージを作って使用したり、シールを貼れた袋が静電気でズレないように厚紙で収納ケースを作ったりして工夫しましたflair

集中して、一気に1000枚終わらせましたscissors

久々に寒さがキツく、なんだか忙しい天気の1日でしたwobbly

2017.3.16(木) 晴れ

午前中は、キャベツ植付けの段取りからスタートですsign01

レーキで畝を均して、肥料を畝の中央に撒きますpaper

Img_4646

これが元肥になりますflair

キャベツは畝の両サイドに植付けていくので、直接根に肥料が回らないようにしています。

その後から板踏みです。

Img_4651

ただ踏むだけのようですが、畝を平らにするのはなかなか難しいです。

油断すると、畝の角がなくなって、かまぼこのようになってしまいますsweat02

マルチを掛けます。

Img_4656

前日一雨降って、土のコンディションも良く、スキがスッスッと入りますhappy01

女性チームと男性チームに分かれて、一気に仕上げましたgood

良いお天気のこともあり、スキを使うと汗ばむくらいでした。

午後からは、キャベツの苗の植付けですpaper

Img_4660

1月下旬に種蒔きしたキャベツの種が青々とした苗に成長しましたshine

トンネルの中で育てたので、毎朝毎晩、寒さ対策の布団の上げ下ろしと、温度管理、水やりと、手をかけました。

Img_4669

しっかり根が巻いた立派な苗ですsign01

一番最初に農園で育てた苗は、根も巻いていなくて、ひょろひょろで、情けない苗でしたwobbly

もちろん良いキャベツは実りませんでした。

今回は期待できますgood

嬉しい植付けの始まりですnote

カマの柄で穴を開けます。

苗をセルトレーから抜きます。

これがなかなかスポッと上手に抜けないので、今回から新兵器を導入しましたsign03

命名sign01苗抜き君ですsign03(今、勝手に命名しました(笑))

Img_4663

この先端部分がセルトレーの底の穴にピタッとハマって苗を押し上げるのですflairflair

これ、もちろん手作りですsmile

苗を抜いたら、植付けです。

Img_4668

根を切らないように軽く押さえます。

散水して、キャベツの植付け第1弾完了ですscissors

午後から、2畝半の植付けができましたhappy01

天候も良く、暖かでのどかな1日でしたsun

2017.3.17(金) くもり後晴れ

この日は朝一番、草津みちサポーターのボランティア活動をしましたsign01

畑の仕事が忙しいので、農園からは代表者2名が参加です。

Img_4686

ペットボトルや、コンビニのゴミなど、大きなゴミが目立ちました。

Img_4685

回収後はしっかり分別ですpaper

Img_4687

畑では、前日に引き続き、キャベツの苗の植付けですpaper

苗に対して、畝が足りなくなったので、新しく畝を立てましたsign01

Img_4673_2

畝均し、肥料撒き、板踏みをして、マルチを掛けます。

Img_4682

みんなそれぞれに役割が決まっていて、スムーズに作業が流れます。

キャベツの苗を植付けます。

Img_4679

昨日でコツは掴んだので、スピードアップですgood

散水して、植付けは完了ですshine

3号地の3/1強が、キャベツで埋まりましたsign01

午後からは、1号地にて、じゃがいもレッドムーンの植付けですpaper

Img_4688

皮が赤い、ねっとりとした芋です。

テスト栽培の小松菜とほうれん草のトンネルの跡地に畝を立てました。

レーキで土均しして、畝の中心を取る糸を張ります。

Img_4700

測量棒で間隔をみながら、移植ゴテで穴を開けていきます。

Img_4691

種芋を植付けます。

Img_4692

この種芋は去年農園で採れたレッドムーンの小ぶりな物です。

土を上から被せてもみ殻をかけます。

Img_4697

ビニールを保温のために掛けます。

パイプで固定して、レッドムーンの植付け完了ですshine

Img_4695

その後は先植えの、きたあかり・男爵・メークインの畝の上に藁を掛けましたpaper

Img_4698

芋が顔をだして、太陽に当たると青くなってしまうためです。

これでいつでも発芽の準備OKですhappy01

Img_4701

ボランティアで道が綺麗になり、キャベツの植付けが一段落して、スッキリした1日でしたnote

月曜日からフルパワーsign01精力的な1週間でしたrock

 

 

 

 

2017年3月10日 (金)

種蒔きと植付け

2017.3.6(月) くもり

午前中、1号地にて、きたあかりと男爵の種芋植付けを行いましたsign01

Img_4279

糸を張って、測量棒を使います。

35センチ間隔に移植ゴテを使って穴を掘ります。

Img_4268

この穴掘りがなかなかのくせ者で、糸に沿って真っ直ぐに進むということに苦戦しましたcoldsweats01

種芋を5センチ程埋めます。

この時、切り口が上ですflair

そうすることにより、強い芽だけが出てきますgood

Img_4273

上から土を被せます。

Img_4274

並行して、玉葱の晩生に肥料をやりました。

Img_4284

午後からは、農園と作業場での作業に分かれましたpaper

畑では、メークインの種芋の植付けを行いました。

手順は午前中と同じです。

きたあかり・男爵・メークイン共に種芋が余ったので、急遽5本目の畝を作って、全て植付けましたsign01

その後、玉葱の畝の草引きをしました。

また、2号地・3号地に石灰を撒きました。

Img_4309

石灰は土を中和させます。

そして、思わずくしゃみがでますcoldsweats01

作業場では、火曜日・水曜日の出荷の段取りですpaper

大根の洗浄・計量・箱詰めとキャベツの計量・箱詰めを行いました。

Img_4294

Img_4310

ラベルシール貼りまでしました。

Img_4302

出荷の段取りも、もう慣れたものですscissors

スピードが倍近く早くなりましたsign01

それでも丁寧・正確には、忘れません。

じゃがいもの発芽が楽しみな1日となりましたnote

2017.3.7(火) くもり時々雨時々晴れ間後雪 風強し

午前中は、2号地の人参種蒔き予定地の起耕・畝立てからスタートですsign01

Img_4313

土均しです。

Img_4319_2

畝が平らになるようにします。

板踏みします。

Img_4330

これもただ踏むだけでなく、押さえるべきポイントがありますflair

マルチを敷こうと試みましたが、強風のため中断しましたwobbly

Img_4333

3号地に馬糞と鶏糞のMIXを撒きました。

これが元肥になります。

Img_4352

1号地で馬糞と鶏糞MIXを補充します。

Img_4348

昼前に、関西・神戸に大根120キロを出荷しました。

午後からも、馬糞と鶏糞MIXを撒きました。

更に1号地で補充して、2号地にも撒きました。

1号地と2号地を5往復はしましたrun

起耕後の畑の中は歩きにくく、足がパンパンになりましたsad

水捌けが良くなるよう、溝掘りもしました。

Img_4358

とにかく風が強く、立っているのもしんどい1日でしたbearing

2017.3.8(水) 晴れ時々くもり

この日は1日を通して青空市ですsign01

Img_4395

朝礼後、すぐに準備に取り掛かります。

テーブルセッティングやホワイトボードの設置、商品陳列などです。

Img_4408

お米の、のぼり旗が新たに加わりましたhappy01

Img_4361

Img_4405

宣伝効果に期待ですgood

売り子さんのオススメはpaper

Img_4403

滋賀県高島市産のコシヒカリshine

甘くて柔らかい大根shine

香りが自慢の人参shine

1口サイズで食べやすい、ブロッコリーshine

ですsign01

その他、白菜の葉、ほうれん草、キャベツを販売しましたpaper

ほうれん草は朝、協力農家さんから仕入れたものですhappy01

掃除・袋詰めして、すぐに店頭に並べました。

Img_4402

Img_4399

柔らかで食べやすいですnote

この日は常連さんのご来店が多く、お米が5袋も売れました。

Img_4400

1番人気はキャベツで、午前中には売り切れになりましたsign01

Img_4406

一方、畑では2号地にて、前日のマルチ敷きの続きを行いましたpaper

Img_4366

土ではなくパイプで押さえていきます。

その後から、人参の種蒔きですpaper

向陽という品種ですflair

Img_4371_3

コーティングされた蒔きやすい種です。

指で、土の割れ目を押さえて、種が乗るお皿を作ります。

そこに種を1粒ずつ蒔きます。

Img_4372

根切り虫除けの薬をほんのちょっとかけて、篩った土を被せます。

Img_4379

もみ殻を掛けます。

Img_4383

昼前には、京都にキャベツ100キロを出荷しましたsign01

午後からも、人参の種蒔きの続きをしました。

種蒔き完了後は保湿のためのネットを掛けましたpaper

Img_4385

散水します。

Img_4390

青空市の店番の合間にはお月見のメッセージカード作りをしました。

Img_4393

白いウサギが折り終わり、ピンクのウサギを折っていますnote

人参はなかなか成功しないので、上手く成長してくれることを願った1日でしたconfident

2017.3.9(木) 晴れ後くもり

午前中は、2号地の大根種蒔き予定地の畝の土均しからスタートですsign01

Img_4423

マルチ掛けです。

Img_4412

以前は1畝、半日近くかかっていたマルチ敷きも、今では30分で完了しますscissors

その後は、人参種蒔き後の畝に保湿のためのビニールを掛けました。

Img_4424

午前ラストは、里芋の植付け予定地の畝立てと、土均しですpaper

Img_4425

午後からは、大根種蒔き予定地の畝(その2)の板踏みをしました。

Img_4410


そして午前同様、マルチを掛けます。

その後は午前土均しした、里芋植付け予定地の畝の中心をクワで掘りました。

Img_4415

掘った溝に馬糞と鶏糞MIXを入れます。

Img_4418

里芋の元肥になります。

起耕後の溝掘りもしました。

Img_4419

残りの時間は、お月見のメッセージカード作りをしました。

Img_4422

2号地が徐々に畑らしくなってきた1日でしたshine

2017.3.10(金) くもり時々雨後晴れ間

午前中、2号地にて大根の種蒔きですpaper

四季の味という品種ですflair

Img_4435

コーティングされた種です。

土がゴロゴロなので、先に篩った土を入れます。

Img_4432

指で、種が乗るお皿を作って2粒蒔きます。

Img_4438

根切り虫除けの薬をほんのちょっと入れて上から篩った土を被せます。

Img_4439

もみ殻を掛けます。

Img_4451_2

たっぷりと散水します。

Img_4454

川の水をポンプで汲み上げていますflair

保温のためのビニールを掛けて、種蒔き完了ですgood

Img_4462

その後、1号地に移動ですrun

空豆とグリーンピースに肥料をやりましたsign01

Img_4469

Img_4473

去年、肥料を根元にたくさんやりすぎて、苗を枯らしてしまった経緯があるので、今年はきっちり、苗と苗の間に適量の肥料を撒きましたgood

午後からは、おいしいお米のシール貼りをしましたsign01

Img_4476

丁寧にはもちろんですが、スピードを重視しました。

大根の発芽が楽しみな1日となりましたnote

植付けや種蒔きなど、充実した1週間でしたshine

2017年3月 4日 (土)

春に向けて

2017.3.1(水)晴れ後雨

この日は、青空市でしたsign01

Img_4159

朝礼後すぐにみんなで準備に取り掛かりますgood

Img_4161

売り子さんのオススメ商品notes

Img_4184

滋賀県高島市産のコシヒカリと、炊いて食べると、とても柔らかい大根ですshine

一番人気の特大キャベツsign01

Img_4178

根強い人気のほうれん草sign01

Img_4176

甘くて美味しいサラダ玉葱、シャルムsign01

Img_4169

その他、ブロッコリー・人参・白菜を販売しました。

口コミで新規のお客様のご来店が増えましたhappy01

Img_4186

積極的にお客様とお話ししますwink

Img_4195

青空市のシステムにもみんなだいぶ慣れてきましたscissors

今後は、おいしいお米の販売にも力を入れていきたいですgood

青空市の合間には、大文字のメッセージカード作りをしました。

Img_4210

オレンジのグラデーションがとても綺麗ですshine

また、京都に大根100キロと白菜20キロの出荷も行いました。

午後からは、青空市を売り子さんに任せて、残りのメンバーは畑に出ましたrun

1号地で、空豆の畝の草引きです。

Img_4191

続いて、グリーンピースの畝も草引きしました。

Img_4198

さらに、畑周辺も三角グワで除草しました。

Img_4209

3号地では起耕を行いました。

Img_4203

機械では入れない所を、溝掘りです。

Img_4205

青空市と草引きで充実感のある1日でしたnote

2017.3.2(木)くもり時々雨

この日の午前中はじゃがいも植付けの種芋の準備です。

メークイン、男爵、きたあかりの種芋を購入しました。

Img_4212

写真はメークインです。

種芋を半分にカットします。

Img_4215

切り口が腐らないように灰を付けます。

Img_4217

農園で竹と、もみ殻から作った上等な灰です。

Img_4221

これをカゴに並べて、植付けまで寝かせます。

Img_4216

午前残りの時間は、お月見のメッセージカード作りを開始しました。

みんなで話し合って、ウサギを折り紙で折ることにしましたwink

Img_4231

見本と照らし合わせながら、丁寧に折ります。

みんなが揃って同じような仕上がりにするのはとても難しいですsweat02

耳の部分はハサミでカットします。

Img_4229

メッセージカード作りにはみんなのアイディアと工夫がいっぱいですscissors

午後からは、キャベツの種蒔きをしました。

Img_4232

耐病性のある「YR天空」という品種です。

土に水を入れてこねて、セルトレーに詰めます。

Img_4233

隙間なく土を詰めるには、コツがいります。

水を撒いて、穴を開けて、そこに種を1粒ずつ入れていきます。

Img_4237

穴を埋め戻し、保湿のための新聞紙と霜除けのための寒冷紗を掛けて水を撒きます。

Img_4242

全部で3トレーの種蒔きを終えましたpaper

3月に入って暖かくなってきたので、トンネルの中には入れません。

残りの時間は、去年のじゃがいもの選別と、お月見のメッセージカードの続きをしました。

Img_4243

じゃがいもの植付けとキャベツの発芽が楽しみな1日となりましたnote

2017.3.3(金)くもり後晴れ

昨日の雨で畑のコンディションが悪いため、1日室内作業をしました。

お月見のメッセージカード作りです。

Img_4246

ウサギはまだ目を描き入れていませんが、シンプルで分かりやすいデザインですnotes

Img_4245

午後からは、一部のメンバーで来週の出荷の段ボール作りをしました。

Img_4249

京都、関西合わせると、けっこうな量がありました。

室内作業でゆったりと時間が流れた1日でしたnote

今週は、久々に畑にもたくさん出られて、気持ちがスキッとした1週間でしたsign01

2017年2月28日 (火)

久々の

今日は、昨日に引き続き、1号地にてじゃがいも植付けの準備をしましたsign01

起耕して、畦を作ります。

Img_4156

スキッと真っ直ぐいくように、畝と畦の修正を行います。

Img_4157

三角グワとスキを使って、畝の中央に溝をつけます。

Img_4158

これがなかなか難しく、重労働です。

Img_4146_2

馬糞と鶏糞のMIXを一輪車に積みます。

いつもと違って、臭いはあまりしませんcoldsweats01

Img_4151_2

先につけた溝に、馬糞・鶏糞MIXを撒いていきます。

Img_4143

じゃがいもの元肥になりますflair

後から、レーキで土均しです。

Img_4140

午後もひたすら同じ作業をして、計4畝完成させましたshine

きたあかり、メークイン、男爵を植付け予定ですpaper

作業場では、明日の青空市の販売準備をしました。

掃除・計量・袋詰め等です。

残りの時間は、空豆の畝の草引きをしました。

Img_4154

空豆の成長は喜ばしいのですが、同時に草も伸び伸ーび育っていましたsweat02

今日は久々に、1日を通してガッツリ農園作業をしましたsign01

天候も良く、汗をかいて、さわやかな気分でしたsun

やはり、太陽の下、一生懸命働くのは気持ちがいいですhappy01

これも、共に働く仲間がいるからこそだと思いますgood

2017年2月27日 (月)

もうすぐ春ですね♪

今日午前は、2手に分かれての作業ですpaper

2号地では、ブロッコリー・白菜・キャベツの最終収穫を行いましたflair

Img_4132

白菜は花が咲いているものもありました。

Img_4133

キャベツは霜に当たって紫色になっています。

その後、綺麗にマルチを巻き取り、起耕しました。

Img_4135

作業場では、火曜日・水曜日の出荷のための段ボール作りをしましたflair

事業所の発注数ごとに箱の大きさを選んで、組み立てます。

Img_4121

各ポジションが事業者とキロ数の確認ができるよう、伝票を張って管理します。

Img_4120

2号地で収穫した、白菜の掃除をしました。

Img_4124

この白菜も水曜日に出荷です。

午後からも2チームに分かれましたpaper

作業場では、火曜日出荷のキャベツの計量・箱詰めをしましたflair

Img_4126

発注キロ数を満たしているか、慎重になります。

その後、水曜日出荷の大根の洗浄です。

Img_4128

水気を拭いて、計量・箱詰めです。

ラベルシールも張りましたscissors

1号地では、じゃがいも植付けの段取りですflair

起耕して、畝立てします。

Img_4136

その後、畝の歪みの修正をスキを使って行います。

Img_4137

レーキと三角グワで土均しです。

Img_4138

スキッと真っ直ぐ綺麗な畝が、計4畝出来上がりましたshine

今日は、大変良いお天気で、上着が1枚いらないくらいの暖かな気候でしたsun

3月も目前sign01張り切って畑仕事に励みたいですhappy01

«草津みちサポーター3